日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム |  次の頁

DSC06518_20200531165104f5e.jpg
先日の西鉄バス活動で一つ不思議に感じたことがありました。一日乗車券について、西鉄のHPには乗車の際に整理券を取るようにと書かれていて、一日乗車券の裏面の注意事項にも同じことが書いてあって、さらにはこれを買い求める時に窓口氏から口頭でも念を押されたのです。乗り放題の一日乗車券こそ整理券は要らないと思うのですが、ここのところが素人の私にはよく分かりません。
一つ考えられる理由があるとすれば、乗客数の統計を取っていることです。他には思い付かず、乗車の際に整理券を取るようにとは書かれているのに降車の際にこれを料金箱に入れろとは一言も書いていないことからも合点がいきます。そう思い、終盤戦で試しに二回程整理券を出さずに一日乗車券を見せるだけで降りました。案の定運転士からは何も言われませんでした。ただし、他にも何か深い理由があるやも知れません。真相は如何に。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




一昨日の西鉄バス活動の記事に写真を貼り付けました。改めてご覧いただければ幸いです。こちらのリンクから、記事を古い方から順にお読みいただけます。
本ブログでは月別アーカイブやカレンダーの日付けをクリックしていただくと、同じように記事を古い順から読むことができます。ただしこの機能はフルブラウザ版に限られます。ご了承下さい。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC06516_202005301728143d3.jpg
最後に赤坂門から唐人町までバスに乗って帰宅しました。これにて活動終了です。鉄道の一日乗車券を買い、一日ひたすら列車に乗って移動するという活動はこれまで何度もやってきました。バスについてはたとえば京都などで、活動の足としてバスの一日乗車券を使ったことはあります。しかしバスへの乗車そのものを目的として、一日中バスに乗り続けた活動は実はこれが初めてでした。その点ではたいへんに印象的な活動となりました。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




「いっちゃん」はやはり良い店でした。1,700円の飲み放題は破壊力抜群で、当店自慢の鶏料理はどれも絶品。野菜も良いものを仕入れていて、値段は庶民的。どうにも欠点が見当たりません。生ビール三杯とハイボール四杯をいただき、飲む方も食べる方もすっかり満足です。二軒目の居酒屋に移行しないのは私としては珍しいですが、それだけこの店が充実していたということです。

DSC06514_2020053017281196f.jpg
しかし時間はまだ早く、これで仕舞いにするのは少々寂しいものがあります。過去に何度か訪ねているくまちゃんらぁめんが半額クーポンの対象店になっていたので飛び込みました。まさかの昼夜連続のラーメンとなってしまいましたが、久し振りの活動らしい活動の最後を締め括るのにとことん羽目を外すのもたまにはいいでしょう。

DSC06515.jpg
酒はもう十分かと思いきや、河岸を変えると改めてもう一杯欲しくなるのが酒呑みのだらしなさです。その点当店のクーポンの対象が生ビール、餃子、ラーメンのセットになっているのは実に的を射ています。そこまでは良かったのですが、戸惑うことになりました。
この店のラーメンは特製タレによって豚骨スープに微かに魚介の風味が加えられ、得も言われぬコクがある絶品のスープです。ところがクーポンの対象はこれではなく、豚骨醤油ラーメンだったのです。クーポン本をよく読んでいなかった自分に非があるのですが、問題はこの豚骨醤油ラーメンが普通の豚骨ラーメンより一段も二段も劣ることです。醤油の加減も振りかけられた背脂の加減も追及したであろうことはよく分かります。しかし如何せん全体の味が弱いのです。
主に東京などには豚骨醤油スープ一本でやっているラーメン屋も多くあります。これに対して本来福岡流の白濁豚骨スープを前提とした作りから、醤油味を派生させて上手くいくなど、そんな易しい話はないでしょう。ついでに言うと細い麺もこのスープに合っていません。

何故当店自慢の普通の豚骨ラーメンをクーポンの対象品にしなかったのか不可解ですが、新作を食べて欲しい一心だったのでしょうか。しかし元はこの店、普通の豚骨ラーメンも初めは粗削りでした。そこから驚くべき程の短期間で味が洗練されていったのです。ならばこの豚骨醤油スープも大いに進化を期待できます。クーポン利用の期限である十月下旬に再びいただくのもいいかも知れません。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC06513_202005301728103a0.jpg
こうも流れが悪い日は元の計画や損得に執着せず、よく知っている店を無難に訪ねるのが良いのでしょう。天神まで戻って来て、「いっちゃん」を訪ねました。こちらは変な輩もおらず先客もなしで、落ち着いて始められました。漸く一息つけました。ビールも野菜も鶏も美味で、文句なしです。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




予定を急遽変更しました。「文治」には入らずに引き返します。閉まっていたわけでもなければ満席で門前払いを食ったわけでもありません。店は開いていたのに、暖簾もくぐらずに踵を返したのです。

店に入る前に外見を写真に一枚、いつもの習慣です。ところが店の前まで来ると、入口を塞ぐように立ち、首を折れ曲げるように真下を向いて携帯端末をいじっている輩がいます。入口の真ん前に立つとは何事か。とにかく目障りなことこの上なく、これでは写真になりません。仕方なく待つこと数分、漸くこの輩が店の中に戻り、カメラを構えたその時です。自転車で走って来た中学生くらいの少年が突然、これも店の真ん前に止まってやはり携帯端末をいじり出したのです。客でもなく何の関係もないのに店の目の前に止まるとは無礼千万。こんな事が続くとは酷い運の悪さですが、子供のやる事と大目に見ることにして、さらに数分待ちました。
少年が去り、今度こそとカメラを構えてシャッターを切った瞬間、中から人相の悪い女が出てきて写り込み、あまつさえ店の前に突っ立って煙草を吸い始めました。いよいようんざりしてきましたが、女が店に戻ろうとするのと入れ替わりに今度は老人が出てきてやはり煙草を吸い始めました。
何という事か、あり得ないような悪い偶然が四度も続き、十分経ってもまだ中に入れません。こんな事が起こるものなのかと驚くと同時に、ここまで酷いと何かの悪い暗示に思えてきます。わざわざやって来たものの、今日は退散した方がよかろうと感じたのです。またバスに乗って来た道を引き返すのは悔しいものがありますが、深追いして傷を広げるよりましというものでしょう。しかしバスの一日乗車券がなければ来る機会など滅多にない居酒屋を訪ねるという計画は、無念にも破綻してしまいましたorz

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




折り返してまた都心に戻って来ました。序盤戦の志賀島編は文句なしでしたが、徐々に失速したことは否めません。これについて詳しくは後日振り返りますが、夜の部で挽回できればそれでよしとも言えます。そしてバスという自由な足がある以上、普段足を運び辛い地区の居酒屋が目当てとなります。ところがとんでもない事実を知りました。ずっと再訪の機会を窺っていた平尾の「官兵衛」が閉業していたのですorz
主人一推しのもつ鍋を次こそは、と楽しみにしていたのに、本当に残念でなりません。年配のご夫婦が良心的な商いをしていた店でした。もし今回の自粛騒動が原因なのだとしたら許し難いことです。真相は謎ですが、とにかく気を取り直して代わりを当たらねばなりません。

天神大和証券前で降り、少し歩いて天神大丸前停留所へ。その間にある天神ソラリアステージ前停留所からは乗りたい方面の系統は発着しません。漸く要領が掴めてきました。渡辺通、日赤通を南下する151系統に乗り込み、清水町で降りました。「文治」を訪ねます。
これで二回目の訪問となりますが、前回は居酒屋探訪記には登場しませんでした。しかし決して良くなかったわけではありません。初回から鮮烈な印象を受ける名店もあれば、繰り返し訪ねて初めて魅力を知る名店もあります。今回はどうでしょうか。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC06508_20200530172804c83.jpg
DSC06507.jpg
早良営業所に戻ったところでまだ三十分あります。そこで七分歩いて早良南郵便局を訪ね、貯金をしました。局を出ると目の前の停留所にバスが滑り込んできました。それに乗って二区間だけ移動し、再び早良営業所に戻りました。目の前の大型薬局でペットボトルの茶を買い、トイレを拝借して戻ると発車の八分前と、まことに良い流れです。満を持して曲渕行に乗り込みました。

DSC06510.jpg
DSC06509_20200530172805419.jpg
DSC06511_20200530172808c23.jpg
坂をどんどん上って山に分け入り、トンネルを越えた先に待つのが最果て停留所の曲渕です。ここまで来ると佐賀県との境の三瀬峠も目前で、志賀島北端の勝馬停留所との対比が素晴らしいです。停留所の向かいは公民館の支所、その駐車場にはマムシ注意の看板が。ここでも折り返し時間が数分しかないのが惜しまれます。バスは一日に八本しか発着しません。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




仕切り直してもう一つの最果て停留所を目指します。福岡空港から再び博多駅バスターミナルへ。そこで200系統さわら台団地行に乗り継いで福岡市の南西部へ走ってきました。目指す最果てへは終点の三つ手前の早良営業所で乗り換える必要があるのですが、それだと時間が余ります。そこで一旦終点のさわら台団地まで乗り通して折り返すことにしたのですが、思わぬ展開に翻弄されました。
下車したかと思うとバスは直ちに発車しました。ここまでは先程の勝馬停留所と一緒ですが、バスは目の前の転回路で素早く向きを変えたかと思うと、間髪を容れずに折り返しの便となったのです。道の向かいながら少し位置がずれていた反対方向の停留所へ小走りで移動し、ぎりぎりのところで乗車するという顛末です。この間三十秒もありませんでした。慌てる程ではなかったものの、写真の一枚も撮る時間がなかったのは惜しまれます。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC06500_20200530172628140.jpg
ここから先は行き当たりばったりになってしまいます。まず考えたのは他の最果て停留所を目指すことですが、本数がとても少なく、真っ直ぐ向かっても多くの時間が余ることが分かりました。そこでまず赤坂門停留所から3系統に乗り、博多駅バスターミナルで37系統に乗り継ぎ、福岡空港にやって来ました。

DSC06501.jpg
DSC06505_202005301726316a1.jpg
大の飛行機恐怖症で絶対に乗りたくないわけですが、航空機と空港は好きです。駅や港と一緒で、旅情が凝縮されているからです。ところが見事な空振りに終わりました。まず驚いたのは空港内の郵便局がなくなっていたことです。世界でも屈指の便利な都市空港と言われる福岡空港ですが、ターミナルの中に郵便局がないとは情けない。さらに展望デッキに出るも今日は風向きに恵まれず、着陸機は全く見えず、離陸機がやや高度を上げた後の姿が見えるだけと、大外れでした。
鉄道やバスは復活し、町には人と賑わいが戻ってきました。しかし航空便はまだ大半が運休しています。遠距離の移動はまだまだのようです。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!