無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


ちょっと山陰行ってくる 

というわけで本ブログではすっかりお馴染みとなりました、携帯から即時更新、写真を後から添付のやり方で今回もやっていきます。

さて、何故山陰なのか。これも毎度の事ながら「なんとなく」なのだが、なんとなくなりに幾つかの理由はある。
 1.前々から乗ってみたかった寝台特急「サンライズ出雲」に乗車する
 2.松江の町をゆっくり見たり泊まったりした事がないため
 3.神在月に出雲に行くというのを一度やってみたかった
1と2はいつでもいいのだが、強いて言えば3か。やはりなんとなくの域を出ていなかった。しかも、出雲大社の遷宮を来年に控えて非常に中途半端な時期と言えるが、まあそれはそれとして…

まずは東京2200発の「サンライズ出雲」に乗車して翌朝10時に出雲市に到着。その日は早めに松江に移動してゆっくり町を歩き、勿論居酒屋を訪ねて松江に宿泊。翌日は岡山泊。最終日は大阪で軽く一杯やって東海道新幹線で帰って来る、というのが大まかな旅程である。
それではまず東京駅へ!





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年10月/山陰、岡山

[edit]

PAGE TOP

有楽町到着 

DSC00028.jpg
有楽町駅で下車。
…まさか真っ直ぐ東京駅へ向かうとでも思っていたのですか?話になんねーな(爆)

何故かというとそれはもちろん(略)
後ほど紹介するが、今回の乗車券では有楽町で途中下車できるところがミソ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年10月/山陰、岡山

[edit]

PAGE TOP

日曜日の憂鬱 

日曜の夜に出発して現地では平日に活動。これは確かに感謝すべき有り難い話なのだが、世の中なんでも良い事ばかりではない。
東京夜10時発の寝台列車で出発、となればもちろん乗車前に何処かで飲んでから東京駅へ、というのが必然のなりゆきだ。東京駅から歩いて行ける名店「ふくべ」はもちろんのこと、神田、有楽町、新橋…時間に余裕があるなら虎ノ門「升本」や浜松町「秋田屋」もいい。まさに選択肢は無限大だ。
ところが、これが日曜となるとその無限大の選択肢は激減し、というより殆ど無くなってしまう。何処で飲むか迷う状況から一転、空いている店を探すのが一苦労なのだ。

私の場合、会社から東京駅へ向かう経路上にある田端や上野で飲んでから行く、という事も可能だが、もちろんそんな無粋なことは許されない。それは上野駅から旅立つ時の風情だからだ。ここはあくまで東京駅から東海道線を下って旅立つその雰囲気、旅情が盛り上がらなくてはならない。
場所は出来れば有楽町か新橋。日曜でも空いている店。もちろん居酒屋として良店であることは前提中の前提だ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年10月/山陰、岡山

[edit]

PAGE TOP

松惣 

DSC00032.jpg
DSC00029.jpg
DSC00031.jpg
DSC00022.jpg
さてそんな中から苦心して今回選んだのは「松惣」である。
模範的な大衆酒場だが、この店の大きな特徴はCODであること。そして土日も休まず営業しているところが素晴らしい。また、店先の道にもテーブルを出して屋外でも多くの人が飲んでいる。
この一角は周りの店も同じように外に椅子と卓を出し、通りがまるでそのまま大きな酒場のように埋め尽くされる。周囲を近代的なビル群に囲まれた有楽町のガード下、この光景は一見の価値ありだ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年10月/山陰、岡山

[edit]

PAGE TOP

12分前は残念 

DSC00035.jpg
「サンライズ出雲」「サンライズ瀬戸」で唯一残念なのは、入線時刻が遅過ぎることである。東京駅9番線ホームに発車12分前の2148に入って来る。以前、今はなき寝台特急「日本海」が始発駅である大阪駅のホームに入線するのが余りに直前過ぎていただけない、と酷評したが、大阪駅は構造上その余裕が無いので仕方ない部分もあった。
しかし東京駅にはホームの余裕があるのだから、ここは少なくとも20分前には入線してもらいたいものだ。ちなみに同じ寝台特急の「あけぼの」は上野駅に発車の25分前には入線、「北斗星」は13分前だが、これは19時台という発車時刻を考えれば致し方ないところだ。しかし「サンライズ」の発車は22時である。

やはり長距離列車、それも夜行ということになると早々にホームに入線していて、悠然と発車を待つ。その姿にこそ旅情があって良いのだ。
切符を手にゆっくり歩きながら、自分の乗るべき車両を探す老夫婦。ひとまず自分の寝台に荷物を放り投げ、売店でビールと雑誌を買い求める出張のサラリーマン。仲間の見送りか、ホームの片隅で数人でお喋りに興じる若者達。そういった人達の姿が長旅の旅情を一層盛り上げる。もちろん鉄にとっては編成の端から端までホームを歩いて一両ずつ車両を観察し、先頭部やホームの発車案内表示と列車を一緒に写真に収めたいなど、現実的な意味でも時間が欲しい。
寝台特急の入線時刻としては、12分前は遅過ぎる。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年10月/山陰、岡山

[edit]

PAGE TOP