無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


ちょっと静岡行ってくる 

えっ?
だって先週行ったばかり…

その通りである。間隔を置かずに同じところへ行っても感動は薄いのではないか。そう言われれば確かにそうかも知れない。しかしそれでも行くからにはもちろん明確な理由がある。
まず、先週よりも今回の活動の方が先に決めていたということがある。だから、また先週と同じところへ行くのではなく、車で活動したいがために無理矢理次の週と同じ行き先の活動を突っ込んでしまったというのが正しいのだ。
そして今回は汽車旅というところが大きく違う。行き先は同じでも、車と鉄道では全く異質の旅になることは言うまでもない。それから大井川鉄道だ。もともと大井川鉄道には乗るつもりでいたが、先週車で訪ねたところますます早く乗ってみたいという欲求が高まってしまった(笑)

そして今回は途中下車や町歩きを多く楽しみたいと思っている。さあまずは東京駅へ。

DSC00702.jpg





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年12月/静岡(その二)~名古屋

[edit]

PAGE TOP

不本意 

DSC00703.jpg
東京駅の軽食スタンドのようなところでホットドックとコーヒーの朝食。慌ただしく落ち着かない上、私は朝はいつも飯と納豆なのでこういうものを食べてもいまひとつ心が満たされない。

これもすべて東京駅の駅蕎麦が無くなってしまったのが原因だ。これは重大な損失である。
早期の復活を切願する次第だ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年12月/静岡(その二)~名古屋

[edit]

PAGE TOP

グリーン車 

DSC00708.jpg
DSC00707.jpg
DSC00710.jpg
満員の通勤ラッシュに揉まれ、慌ただしい朝食を詰め込んで、グリーン車の座席に身を沈めて漸く一息つけた。
そう、普通列車といえばやはりグリーン車である。特急など優等列車に比べればグリーン料金は格段に安いし、それでいて普通車との差は優等列車よりも遥かに大きいのだからこいつを利用しない手はない。
とりあえずの目的地である熱海まで二時間弱の乗車で950円。これが土日となると750円になるので尚のこと迷わず利用できる。

まだ普通車がクロスシートであるなら、ガラガラに空いているという条件で普通車に乗ってもいいのだが、天下の東海道を往くのも無粋な4ドア車、それもロングシートが大半となってしまった今、これでは旅情を抱きようもない。そういった意味でもここはグリーン車の出番なのである。
ここで通人は運が良いと女子高生のパンツが見えるとも言われる下階・右側を選ぶらしいのだが、私は俗人なので根府川あたりで海の眺めが楽しめる上階・左側を選択(^^;





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年12月/静岡(その二)~名古屋

[edit]

PAGE TOP

熱海 

DSC00711.jpg
DSC00713.jpg
ひとまず熱海駅で下車した。
熱海というのは実に独特の雰囲気を持ったところである。
まず駅に雰囲気がある。とはいっても重厚な文化財級の駅舎が鎮座しているとか、そういう意味ではない(良い駅舎ではあるが)。観光という事にここまで特化し、観光駅の匂いをここまで強烈に放っている駅は他にあるまい。そしてその駅前から続く緩やかに曲がった坂道には土産物屋がびっしりと立ち並び、海辺の温泉街へと続いてゆく。これも他ではなかなか見られない光景だ。
海辺には温泉旅館、ホテルが立ち並ぶ。それも、小さく背の高いビルがびっしりと立ち並ぶ様はこれも熱海ならではの眺めだ。しかもそれらが何れも盛業中というならまだいいが、古く寂れた建物、明らかにもう営業はしておらず半ば廃墟のようになった建物なども目立ち 、明るく開放的な雰囲気の海岸に面しているだけに余計に不気味さが強調される。斜陽という言葉がこれほど似合う場所もないだろう。もちろん新しくきれいな建物で今もしっかりと営業している宿もあるが、それらが狭い場所に混在している。

DSC00723.jpg
DSC00725.jpg
DSC00726.jpg
このように、熱海では熱海にしかない独特の景色をどこでも見ることが出来る。前からずっとゆっくり歩いてみたいと思っていたのだが、いつも車かバイクでは通り過ぎてしまうか、列車で来た時も短い時間駅の近くをうろつくだけだった。今回漸く機会が巡って来たというわけだ。
まずは熱海の町をのんびりくまなく歩き、それから共同湯に入っていきたいと思う。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年12月/静岡(その二)~名古屋

[edit]

PAGE TOP

熱海駅前郵便局 

DSC00716.jpg
DSC00724.jpg
駅の近くに郵便局があったので貯金と風景印の押印をする。

珸瑤瑁から久部良まで、足掛け二十年に渡って3,600局あまりを訪ねてきたが、そのうちの恐らく九割は車かバイクで足を運んだものである。
しかし、このように汽車旅でぶらり下車した駅の近くに局を見付けて訪ねる風情というのは捨て難い。このように局名に「駅前」が冠されていると尚更である。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 12年12月/静岡(その二)~名古屋

[edit]

PAGE TOP