無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


土佐っ子ラーメン 

blog_import_4cea66752be9c.jpg
「土佐っ子ラーメン」と聞いて、すぐ「環七」と思い浮かぶのは、年季の入ったラーメン好きとお見受けします。
遡ること約15年前、今よりも駐禁なんかうるさくなかった頃のことです。

「ラーメンブーム」などと言えば、日本はもういつでも恒常的にラーメンブームみたいなものですが、当時特に人気を博していたのが、「環七」+「深夜」+「ラーメン」の図式です。
読んで字の如し、環七通り沿いに店を構える深夜営業のラーメン店に人気が集まり、旨い店の前ではラーメンを食べる客の車が路上駐車の列を作り、渋滞を招くこともしばしばでした。

そんな環七ラーメンブームの中にあって、特に人気のあった二大巨頭が代田の「なんでんかんでん」と常盤台の「土佐っ子ラーメン」でした。「なんでんかんでん」は本格的な九州とんこつ風、「土佐っ子ラーメン」は背脂しょうゆ味と、ラーメンの成り立ちも味もまさに対極。

その土佐っ子ラーメンの最大の特徴を一言で言えば、ズバリ「あぶら」。
とにかく滅多やたらと脂が多い。なにせ、一通り盛り付けを終えたラーメンの上から、最後に豚の背脂を平ザルで叩いて濾しながら「パタパタ…」と振り掛けるのだからたまりません。真っ白な固体状の背脂が乗ったラーメンは見た目にも尋常でない姿で、酔った最後のシメに勢いで食べるか、はたまたネタとして食べるか、そのどちらかに限られます。

学生時分の仲間とはよくこの土佐っ子に通いました。(なんでんかんでんにもよく通った)
ネタなのだからよりネタらしくということで、行くと決まって注文したのが「脂多め」です(!)
これは半端な覚悟では食べられないシロモノでした。なにせ、背脂が真っ白な層としてドンブリの表面を覆い、パッと見ただけでは果たしてこれがラーメンなのか、それとも山掛け丼なのか分からない状態。「メタボ度星五つ+もう一つ」くらいの脂量です。

そんな土佐っ子ラーメンもその人気からか経営者が何度か変わるうちに味がどんどん落ち、次第に忘れ去られた存在になっていきました。
常盤台の土佐っ子ラーメンはなくなったものの(同じ店舗を使ってラーメン店が続いているようだが、不味くて話にならないし、いつもガラガラのようだ)、暖簾分けだか兄弟店だか、はたまた当時の人間が再出発したのか、とにかくよく分からないのですが確かに「土佐っ子ラーメン」の看板で当時の通りの背脂ラーメンを出している店が幾つかあります。

そのうちの一軒が池袋西口の飲み屋街の真っ只中にあります。
写真は「脂多め」ですが、往時の環七の土佐っ子は、このくらいが「普通」でした。なにせ「脂多め」は先述の通り、真っ白なドンブリだったのですから(笑)




土佐っ子ラーメン 池袋店
03-3981-4423
東京都豊島区西池袋1-39-4 佐久間ビル1F
営業時間:不明だが深夜まで開いている
定休日:不明だがなんだか無休っぽい







にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: B級グルメ

[edit]

PAGE TOP

喜多方ラーメン(一) 


「ご当地ラーメン」の先駆け的な存在である喜多方ラーメン。
その喜多方ラーメンの中でも、一番のお気に入りがこの「はせ川」だ。

今やすっかり有名店となり、土曜日ともなれば店の前には席を待つ人が溢れているような状態だが(先に名前と人数、注文を告げるので、行列にはならない)、ここは喜多方のラーメン店の中では少々変わっている。

先ず「老麺会」に所属していない。
「老麺会」とは喜多方のラーメン店のいわば組合のようなもので、喜多方ラーメン発祥の店「源来軒」や超人気店の「坂内食堂」をはじめ、市内の老舗、主だった店の殆どがこれに加盟している。加盟している店は店先に大きな老麺会の暖簾を掲げているので、喜多方に行ったことがある人ならば、一度ならずとも目にしたことがあるだろう。

それから、市街の中心部からかなり離れた場所にあり、車がないと訪れることは出来ない。そして、何もない閑静な住宅街の中に突然姿を現すので、初めて訪ねる時は見つけるのに苦労するだろう。そもそも、ごく普通の民家をラーメン店に改造した感じで、地方に行くと蕎麦屋ではこういうのをよく見かけるが、それがラーメン店というところがいかにも喜多方らしい。

そんな立地にありながらわざわざ訪れる人が後を絶たないのだから、いかにこの店のラーメンが旨いかは想像に難くないだろう。
はせ川のラーメンはスープも麺もすべてが旨いが、やはりチャーシューの旨さにとどめをさす。月並みな表現だが、とろとろに柔らかく煮込まれたチャーシューはまさに絶品である。
そして中でも特におすすめなのが「みそチャーシュー」だ。

普通、醤油ラーメンとみそラーメンはスープの味付けが違うだけで、値段も同じか、違っても50円くらい、というのが一般的である。
ところが、ここはせ川のみそチャーシューは、醤油味の普通の「チャーシューメン」とは全く違う料理なのだ。

先ず、ドンブリが「醤油」に比べてふた回りも大きい。
値段も200円も高いのである。
そして、中に入っているチャーシュー。ドンブリを覆うほどにたっぷりとチャーシューが乗せられているのは醤油味と同じだが、使っている部位が若干違うようなのだ。みそ味に入っているチャーシューの方が若干脂が多く切り分けも大きい。
もちろん醤油系に乗せられたチャーシューも絶品なのだが、みそ系のチャーシューはさらにその一歩上をゆく、まさに神懸かり的な美味しさ!
そのチャーシューを二枚ほど食べると下から炒めた野菜が出てくる。
この野菜がまた曲者である。

普通、みそラーメンの炒め野菜というとドンブリの上に山と盛られ、野菜炒めとその油、そしてラーメンを同時に楽しむ、という風情の店が多い。
ところがこのはせ川のみそ系ラーメンに盛られた炒め野菜は、量がかなり控え目で、ラーメンのスープの中に隠れるような感じで入っている。あくまで麺とスープ、そしてチャーシューの脇役に徹しているような感じなのだ。
そしてそのお陰で全体のバランスがとても良く、野菜を炒めた油が主張することもなく、このみそチャーシューを素晴らしい一杯にしているのだ。

もちろん醤油系も抜群の旨さで、喜多方の中でも一、二を争う。
訪れた際には是非チャーシューメンを。




はせ川

0241-24-5180
福島県喜多方市字大荒井6
11:00~15:00 (スープが無くなり次第終了)
日曜定休







にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: B級グルメ

[edit]

PAGE TOP

喜多方ラーメン(二) 


隠れた名店、というのは何処にでも存在しているものだが、ラーメンの街喜多方だって例外ではない。

自分にとっての喜多方での隠れた名店こそがこの「ひさじ屋」だ。

いつ来ても店は空いている。他に客が居ないことなんてざらだ。
先日久し振りに訪れた時も、昼飯時を外していたとはいえ、客は自分一人だった。
そして、いつ来てもラーメンは旨い。とても旨い。

この店の最大の特徴はといえば、ずばりチャーシューだ。
とにかく柔らかく煮込まれ、少々濃い目の絶妙な味が付いたチャーシューは一度食べたら忘れられない味だ。
麺もスープも美味しいのに、せめてもう少しチャーシューを柔らかく煮込めばいいのに…と惜しく思うラーメン店を訪ねた経験は、誰しも一度や二度ではないだろう。
ここはそんな手間を惜しまぬ店なのだ。

スープはややこってりした濃厚な味だが、基本的にはてらいのない醤油味。
麺は柔らかめのちぢれ太麺。
ようするに、オーソドックスな喜多方ラーメンの極めつけである。

喜多方ラーメン発祥の店「源来軒」は今や肝心な味の方はいまひとつ、超人気店の「坂内食堂」は珍しい塩味スープということで、とにかくオーソドックスな喜多方ラーメンの旨い店、というのがご希望の方にはうってつけである。

いつでもガラガラの店内に、訪れる度にこの店はやっていけてるのだろうかと要らぬ心配をしてしまうのだが、その度にトロトロの柔らかチャーシューで迎えてくれるのである。
いつまでもこの味を守って欲しいと願わずにはいられない。




ひさじ屋

0241-22-7639
福島県喜多方市水上6816-6
10:00~20:00
不定休







にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: B級グルメ

[edit]

PAGE TOP

喜多方ラーメン(三) 


「坂内食堂」は、喜多方ラーメンでこれまでに最も成功した店だ。

直系の支店や、暖簾分けの「小法師」が都内各所、及び近郊に多数の店舗を展開しているので、喜多方を訪れたことのない人にも「坂内」の名は広く知れている。

もちろん、喜多方の街中、閑静な路地に沿って店を構える本店も昔と変わらず、相変わらずの人気を誇る。
私も都内で坂内の支店や小法師で二、三度食べたことがあるが、やはり微妙な味の違いというものがあり、本店には及ばない。それにはラーメンの味だけに因があるわけではなく、水や空気といった物も少なからず影響しているのだろう。喜多方は水も空気も旨いですからね。

坂内食堂の最大の特徴はというと、透明な塩スープだ。醤油味を基本とする店が殆どの喜多方ラーメンの中にあって、ドンブリの底まで透けて見える透明な塩スープは珍しい。今や喜多方ラーメンの代名詞的な存在である坂内のスープが、実は喜多方では珍しい部類というのは、意外なところでもある。

それからチャーシュー。
どんぶりの表面を覆い尽くすほどびっしりと乗せられたチャーシューは、喜多方では珍しくないが、このチャーシューもスープと同様に薄い塩味の味付けなので、色も白っぽい。
そしてこのチャーシューがまた柔らかく絶品である。

麺は喜多方ではよく見られる太いちぢれ麺だが、坂内の麺は茹で加減が柔らかく、もちもちとした食感が特徴だ。
最近ではどこでも堅く、コシの強い麺が歓迎される風潮にあるようだが、茹で加減を絶妙に加減できさえすれば、柔らかめの麺でもとても美味しくなるということを、この坂内の麺は認識させてくれる。

そしてこれが大事なのだが、このあっさりした塩スープ、柔らかく塩味のチャーシュー、そして柔らかくもちもちした麺は味の統一感があり、抜群に旨い。そして、食後の感じがお腹に、舌にやさしいのである。
食べている間は旨いのだが、食べた後に腹が、舌が疲れ切ってしまうというラーメンがよくある。ラーメンだけでなく、外食の様々な分野で然りだ。
しかし坂内のラーメンは家で毎日でも食べたくなるような柔らかさがあり、これが人気の秘密なのかも知れない。

また、喜多方の本店は店内の雰囲気が良い。
厨房と客席がまったく区切られていないのがこの店の特徴で、湯気の熱気やチャーシューの香りが店内を包む。これがまた何ともいえない雰囲気を作っている。
冬など店内に入った途端、一瞬でメガネが曇ってしまうが、そんな温もりがまた嬉しい。

朝7時から営業しているのも良いところだ。坂内の柔らかいラーメンは朝食にもぴったりである。




坂内食堂

0241-22-0351
福島県喜多方市字細田7230
7:00~19:00
木曜定休(祝日の場合は営業)







にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: B級グルメ

[edit]

PAGE TOP

喜多方ラーメン(四) 


朝早くから営業している店が多いのも喜多方のラーメン店の特徴だ。

7時半開店の「まこと食堂」もその一つ。

この「まこと食堂」に「坂内食堂」「あべ食堂」を加えたのが「朝一御三家」とも呼ばれる三店だ。
この三店はただ単に開店時間が早いというだけでなく、それぞれ喜多方ラーメンの中では老舗で、もちろん味の方も文句なしという人気店だ。

まこと食堂は普通の民家がそのままラーメン店になったような風情が面白く、暖簾をくぐってすぐの三和土は四人掛けのテーブルが二つに二人掛けのテーブルが二つと、ごく狭い。ちょっと混んでくるとすぐに奥の座敷へ上がる寸法だ。
昼時など、むしろテーブルで食べられる確率の方が低いというわけだ。

この店のラーメンはスープが特徴的で、一度食べるとしみじみと忘れられないような、味わい深いスープに愛好家も多い。
こってりとコクのある濃厚なスープなのだが、全然くどくなくて後口はさっぱり。
基本的には醤油味なのだが、スープには独特のとろみ、まろみがあり、色も少し茶色がかっていて、何ともいえない微妙な甘味がある。
こう書いているうちにも、すぐにでも行きたくなってしまったほどだ。

もちろんチャーシューも麺も文句なしの旨さだ。
また、ラーメンの他にもソースカツ丼など珍しいメニューがあって面白い。
この店の店員さんは皆動きがきびきびしていて、見ていて気持ちがいいものだ。まあ繁盛店というのは何処でもそうなのだが。




まこと食堂

0241-22-0232
福島県喜多方市字小田付道下7116
7:30~15:00
月曜休







にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: B級グルメ

[edit]

PAGE TOP