無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


ちょっと北海道行ってくる 

なぜ北海道なのか。
昨年の夏に二度、それも十分な日数をとって行ったばかりだというのに。11日間という日程を考えれば国内ならば基本的にどこへでも行くことが出来、特に四国などは何と四年前に行って以来一度も足を運んでいない(これには自分でも驚きである)ので、そういった方面へ気持ちが向くのが本来のところだが、今回に限ってはそういった頻度とか間隔の問題ではないのだ。

私は6歳の時に一人旅にはまって以来、日本全国、一部の離島を除けば行ったことが無い場所を探すのが難しいくらい津々浦々に何度も足を運んで来た。ところが、そんな国内でも「一度もやったことがない旅」というのが一つある。
それが厳寒期の北海道を旅することである。
これはまず、バイクという手段では全く現実的でない。もちろん真冬の北海道をバイクで旅する人は結構いて、たとえば大晦日の宗谷岬などはバイクでやって来てテントで年越しをする人が全国から集まって来て毎年大盛況である。しかし、これはかなりの特殊な技術や装備を必要とし、数ある趣味の中でもバイクと旅という二つのものが密接な関係で結び付きやすいのとはむしろ対照的に、旅とはまったく離れた一つの趣味と言っていいだろう。
自動車となると少しは現実的になるのかも知れないが、北海道の地元の人達が夏場と同じ速度ですっ飛ばしていくのを見ているとそうとばかりも言っていられなくなる。互いに恐ろしいからやめておいた方が賢明だろう。
さあそうなると残された唯一の手段が鉄道ということになる。しかし幾ら鉄道が速いといっても流石に北海道を満喫するためにはそれなりの日数が必要だ。これまで真冬の時期にそういう機会がなかった。
だから遡ること10ヶ月前、今の部署に異動が決まって休みをある程度自由に組めることが分かった時、なによりも真っ先に思い浮かんだのが他ならぬ今回の、真冬の北海道を往く旅なのだ。去年に行った時のような、夏の北海道のバイクや車の旅なんてこれまで何度もやって来た、言ってしまえば自分の中では陳腐なもの。それよりも何よりも今回の厳寒期の旅こそは長年憧れてきた企画であり、満を持しての出発なのだ。

過去には、3月に北海道を訪れたことが二回ほどある。しかしこれは二回とも日程は短く、また気温や積雪量といった点で関東の真冬を遥かに凌ぐとはいえ、それでも厳寒期からはやや外れる。
厳寒期にスキーで北海道へ行ったことはある。しかしこいつは朝にバスがすすきののホテルの前まで迎えに来て、夕方にまたスキー場からホテルの前まで送ってくれるというもので、とても旅とはいえない。
そういうわけで実質初めての冬の北海道の旅なのである。もちろんその中でもとりわけ寒い所を目指してゆく予定だ。
旅の名言といわれる言葉の中でも、とりわけ私が好きなものに「寒いところは寒い時がいい」というのがある。三年前、7月と8月を八重山で過ごした。その時にこの言葉をよく反芻していた。まさに暑いところは暑い時が一番いい。それは間違いなかった。あの時の感動が今、3,000kmの距離を隔てて鮮やかに甦る。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年1~2月/北海道

[edit]

PAGE TOP

いつものぷの字 

DSC00975.jpg
DSC00973.jpg
東京駅へやって来た。
本ブログに何度もしつこく登場している、毎度お馴染みぷらっとこだまで先ずは東海道を下る。そしてこれも毎度毎度本当にしつこいのだが、あえて今回も同じことを言わせてもらおう。ぷらっとこだまでは名古屋までなら千円足すだけでグリーン車に。お得だわー!

この季節なので雪を戴いた富士山が見えることを期待して、右側窓際のD席を指定してみた。
名古屋以遠では雪の影響で15分以上の遅れが出ているらしい。

645A「こだま645号」東京956~名古屋1243





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年1~2月/北海道

[edit]

PAGE TOP

懸念 

新幹線のグリーン席に身を沈め、数日続いていた慌しさから漸く開放された。思わず深い溜め息を一つ。
あとは進むべくして進み、なるようにしかならない。

それはいいが依然心配なのが体のことだ。今朝方もかなりの寝汗を掻いていた。それも、手先や足先、背中ではなく首筋にだけやたら汗を掻くという、人生で初の経験をしてしまった。
ほとんど完治した、と報告したが完治はしていない。加えて寝不足も数日続いている。その上目指すは氷雪に覆われた酷寒の地である。
再び体調を崩して活動打ち切り、という事態だけは避けたい。いや絶対にあってはならない。今回の活動ではとにかく体調維持が最大の課題となりそうだ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年1~2月/北海道

[edit]

PAGE TOP

旅立ちは楽しいことばかりではない 

DSC00974.jpg
人生でもっとも楽しい時は、と言われればそれはやはり旅立ちの朝だ(場合によっては出発前の準備の時かも知れないが笑)。
しかしそんな旅立ちの朝でさえ楽しい事ばかりでないのもまた人生。

現在こだま645号の車中である。期待通り快晴の空を背に富士の白い頂を眺めることも出来、順調に東海道を下っている。
このこだま645号、東京駅を956の発車なのだが、こだま号は30分間隔で運転されている。一本前か一本後のこだま号はそれぞれ名古屋止まりで寝過ごす心配も無いし、車両は新しいN700系。それでも敢えてこの列車を選んだ。
まず一本後の列車では遅過ぎる。それでは一本前の列車にしたいところなのだが、956に発車する列車に乗るのと30分早い926発に乗るのとでは、東京駅へ行くまでの電車の混み方が全然違う。この時間帯で30分違うと本当に劇的に違うのだ。通勤ラッシュの列車に乗るのはただでさえ大変なのに、重い旅荷物を持っている身としては尚更である。
毎度毎度同じ事ばかり愚痴ってしまって恐縮なのだが、東京ICまでの混雑、東京駅までの混雑、東海道方面へ旅立つ時はいつもこの事で最初に気が重いのだ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年1~2月/北海道

[edit]

PAGE TOP

名古屋駅できしめん 

DSC00977.jpg
名古屋駅に到着。この時間なのに朝の東京より寒い!
ちょうど昼時なのでもちろん駅ホームのきしめんをいただきます。
前回は新幹線ホームにしか入れなかったのだが、今日はちょうどこれから在来線に乗り換えるので在来線ホームの店へ。
名古屋駅では各ホームにきしめん屋がずらり並ぶが、佇まいや雰囲気がそれぞれ微妙に違うところが面白い。そんな中から今回は新幹線ホームの店に天麩羅を供給しているという噂の3番線の店を選択。

DSC00978.jpg
前回との比較を述べるなら、こちらの方がずっと美味い。
出汁はカエシが控え目で薄味になっとるもんで、鯖節ならではの後味の酸味がきれいに味わえる品の良い味だがや。食べ慣れていない関東の人には物足りなく感じられるかも知れないが、こいつはたまらない。麺もより幅広で舌に吸い付くような食感が実に良い。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年1~2月/北海道

[edit]

PAGE TOP