無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


ちょっと四国行ってくる 

汽車旅四連発のトリを飾るのは、四国である。
活動に出たいが何処へ行ったものか迷う、というのはよくある事だが、今回は前回の北陸、その前の北海道に続いて迷いもなくすんなり決まった。もちろん明快な決め手があるからだ。
まず四国は最後に足を運んだのが四年前で、つまり何と四年もの間一度も行っていないのだ。一つの地域にこんなに長いこと御無沙汰になるのはきわめて異例の事で、自分でも驚いている。その四年前は日本一周の道中だったのだが、それ以前の訪問頻度が高かったという理由で他の地域に比べてかなり足早に通り過ぎてしまい、折角の日本一周だというのに四国にはたったの十日間しかいなかった。特に徳島県などは幹線道路である国道32号で通り抜け、かずら橋に軽く立ち寄っただけ。まさに県の西北端をちょっとかすめただけで徳島県内に居たのは数時間。もはや未踏だったと言っても過言ではない。久方ぶりに四国の地を踏むのは本当に楽しみである。もちろん徳島には宿泊する予定だ。

もう一つの決め手が周遊きっぷだ。
青春18きっぷと並ぶ汽車旅の象徴ともいえる周遊きっぷ。国鉄の周遊券時代からの長い歴史にとうとう幕を下ろし、三月一杯で廃止されることになってしまった。少しずつだが確実に縮小されてきた各地の割引切符だが、周遊きっぷの廃止はもう鉄道では旅行しないで下さいと言っているようなもので、まるで最後通告の如き悲しい出来事である。
とはいっても私も周遊きっぷになってからはこれまで一度も購入したことがなかったので余り大きな事も言えないのだが、しかし高校生時代には周遊券に随分と世話になった。周遊きっぷは他のお仕着せの割引きっぷとは違って、自分で旅程を組んであれこれ考え工夫して購入する余地がある。そしてそこには旅の楽しみの本質がある。
そんな古き良き汽車旅の象徴とも言える周遊きっぷを最後に使って旅したいと思った。そして周遊きっぷを使っての旅にぴったりなのが四国なのだ。

DSC01592a.jpg
そんなわけで今この記事を会社のパソコンで打っている(いつものことだけど)。これから直接東京駅へ向かい、今晩の夜行列車でそのまま四国へ向かう。列車の発車時刻は22時である。それまでの時間はもちろん(略)





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年3月/四国

[edit]

PAGE TOP

AKB 

DSC01597.jpg
もちろん真っ直ぐ東京駅へ向かうわけはないのですね(^^;
秋葉原で一旦下車。

後で詳述するが、現在使用中の周遊きっぷ「ゆき券」ではこうして都内で途中下車できるところがミソなのだ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年3月/四国

[edit]

PAGE TOP

大衆酒場まんせー 

DSC01598.jpg
秋葉原駅で降りて何処へ向かうかというとこちら「万世橋酒場」。
偶然にも前回サンライズで出発した時も日曜日だった。そして日曜といえば困るのは居酒屋の選択肢が殆ど無いことである。前回は有楽町の「まつ惣」を選んだが、今日は同じく東京駅から近くて日曜でも開いている数少ない店の一つであるここへやって来た。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年3月/四国

[edit]

PAGE TOP

サンライズ瀬戸 

DSC01604.jpg
DSC01605.jpg
東京2200発の寝台特急「サンライズ瀬戸」に乗車して一気に四国を目指す。寝て起きたら明日の朝一番には高松である。こんなに合理的な移動はない。

寝台特急に始発駅から乗車、本来なら旅の最高の見せ場といっていいのだが、サンライズ自体はこの間乗車したばかりなので何も感慨は無い。とっとと寝てしまおう。ちなみに前回はシングルの平屋室を買って大失敗だったので、今回は逆に車両中央の部屋を指定して買った。

5031M「サンライズ瀬戸」東京2200~高松727





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年3月/四国

[edit]

PAGE TOP

周遊きっぷ 

さて、周遊きっぷありきで今回の行き先を四国に決めたと書いたが、では周遊きっぷとはどんな物なのかという事について少し。
実はこの周遊きっぷというやつは非常に複雑でややこしく、ここで詳しく説明するのは不可能なので、ごく大まかなところだけを書いていく。

DSC01596.jpg
①現地(四国)までの乗車券が往路、復路ともに二割引
例えば武蔵浦和から四国の周遊ゾーンの入口である宇多津までの運賃は片道10,950円。JRの往復割引は一割だから、往復割引よりも合計でさらに2千円以上安く上がることになる。

②四国島内のJR全線、阿佐海岸鉄道、土佐くろしお鉄道が五日間乗り放題(特急の自由席を含む)
これが核心の部分である。たとえば高松から宿毛まで特急を使って移動するとそれだけで8千円以上かかる。ところが今回使用する「四国ゾーン券」は五日間乗り放題で12,500円。これは使いようによっては相当にお得な価格である。

③往復の経路上でも自由に途中下車が可能
それぞれ二割引になっているものの、四国までの往路、復路それぞれの乗車券はあくまで通常の片道乗車券と同じ扱いなので、何度でも途中下車が出来る。また有効期限も長い。東海道線の区間では特例により新幹線か在来線、どちらか事前に指定した方にしか乗れないが、山陽線の区間では選択乗車といってどちらでも好きな方に乗ることが出来る。
今回はこの通常の片道乗車券の持つ三つの特徴を全て活用する予定である。実際すでに秋葉原駅で途中下車をした。そして復路ももちろん(略)

幾つかある周遊ゾーンの中から今回は「四国ゾーン」を選んだわけだが、どの周遊ゾーンも使用期限は一律五日間だ。実は今回九州も候補にあったのだが、九州を鉄道でくまなく旅するのに五日間では少な過ぎて、過密日程の慌しい旅になってしまう。
現地までの運賃も九州に比べれば大分安くなるし、五日間という行程に四国の広さはちょうど具合が良い。周遊きっぷを使った旅に四国がぴったりと言ったのはそんな理由からなのだ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 13年3月/四国

[edit]

PAGE TOP