日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム |  次の頁

3475.png
プロ野球CSは、初戦は仕事で観に行けず、二~四戦目を先行抽選販売に申し込みました。ところが二戦目、三戦目は落選してしまい、四戦目しか当たりませんでしたorz
今季のCSは三勝した方が勝利となります。リーグ優勝を果たしたソフトバンクには一勝のアドバンテージが与えられているので、最大で四試合しかありません。つまり当選した第四戦は最終戦ということになります。

この第四戦が行われるのは唯一、ホークスが一勝二敗となった場合のみ。もしそうなればこの試合で勝った方が日本シリーズ進出という大一番になるわけですが、残念ながらそれが実現する可能性は限りなく低いと言わざるを得ません。西武とロッテ、どちらが相手になろうと戦力の差は圧倒的であり、第四戦どころか私の予想ではホークスの連勝で呆気なく終わり、第三戦すら行われません。まだ一般発売もあるのですが、発売開始時刻と仕事が重なっているので争奪戦に参加すらできませんorz
ホークスが勝つのならまだ日本シリーズがあるわけですが、今年は相手が讀賣なので頼まれても観に行きたくありません。つまり悪夢の暴投逆転サヨナラ負けを喫した先日の試合が、私にとっての今季最終戦となりそうなのです。なんとも消化不良であり、第二戦の落選がつくづく恨めしいです。こうなればマリーンズが二位に返り咲いてCS進出を果たし、ホークスに二つ勝つという奇跡が起こるのを願うしかありません。奇跡よりも確率は低いですが…

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC07242_20201031181423fea.jpg
楽しみにしていたルーフオープンは雨降りで中止、初回から試合が壊れる最低な内容だった先のソフトバンク対オリックス戦を指して、悪夢と称しました。しかし一昨日はこれと並ぶくらいの散々な日でした。
球場に着くと真っすぐ向かったのが「HUB」です。この店の素晴らしく美味なビールを再び飲むことも、球場に足を向かわせた理由の一つでした。ところが試合開始の十八時までは貸し切りとなっていましたorz
仕方なく球場内でビールも食べるものも買って席で飲み食いすることにしました。自席の三塁側外野席から遠い所、外周通路を半周近くも歩いて向かったのは、半額クーポンが使える最後の一店です。高級和牛を使った1,600円もする弁当が800円とのこと。ところが既に全ての品が売り切れていました。平日の試合開始前に全て売り切れとは、これでは半額クーポンも絵に描いた餅です。釈然としませんが、無いものは仕方ありません。そして無駄足を繰り返しているうちに試合開始が十分後に迫ってきました。

手早く何かを調達したいところですが、ここで目に留まったのが、既に出来上がっている品が保温棚に並べられた一軒の店でした。これならばすぐに受け取れるだろうし、値段も400円のものが主と、球場内としてはかなり安いです。早速列についたのですが、これがとんでもない店でした。待てども待てども列が進まないのです。数人の店員が忙しく動き回っていて、出来上がっている品を渡すだけだというのに、一体何故なのか。私だけでなく列に並ぶ前後の人達も苛々している様子が伝わってきます。そうこうしているうちにあっという間に十分が過ぎ、試合が始まってしまいました。もどかしい思いがますます募る中、漸くレジに辿り着きました。
やっと買えると思ったところ、会計を済ませると、お呼びするので暫くお待ち下さいと。これには閉口しました。見れば、他にも何組か商品を受け取るのを待っている人達がいます。もう一度言いますが、出来上がっている商品を袋に入れて渡すだけなのに、どうしてこうも時間がかかるのか。まったくもって理解に苦しみますが、とにかく待つしかありません。そして試合は一回の表が終わり、一回の裏になりました。こうなると気が気ではありません。
この日、ホークスの先頭打者周東に連続盗塁の日本新記録がかかっていたのです。達成の瞬間を見られるかも知れないというのも、楽しみの一つでした。しかし第一打席は見られないのがもう確実です。塁に出てくれるなよとの思いも虚しく、浅いカウントで鮮やかな安打を放った周東が満を持して一塁ベースの上に立ったのです。焦燥感は頂点に達しました。初球、二球目から仕掛けるであろう事は確実、ここまで書けばもう顛末はお分かりでしょう。信じられない程に捌きが遅い店のせいで、記録達成の瞬間を見逃し、その旨表示されたビジョンを写真に撮ることもできませんでしたorz

DSC07243.jpg
この店は二度と利用しないとして、悪夢はまだ続きます。この日は久々に締まった内容の接戦で、良い試合でした。八回までは。3-2のマリーンズ優位で迎えた九回の裏に、とんでもない結末が待っていたのです。
マリーンズバッテリーの失策、大きく逸れた暴投が本塁後方を転々とする間に、三塁走者だけでなく二塁走者の生還までも許し、逆転サヨナラ負けを喫したのです。目が点になるとはこのことです。時にそんな事もある、プロ野球の結果の一つに過ぎないと思われるでしょうか。しかしこれには伏線があったのです。

この前日の試合のこと、その一部をテレビ中継で観戦していたのですが、マリーンズに怠慢なプレーが散見するのに呆れていたのです。その象徴が荻野が二塁打を打った場面でした。右中間を割った打球は矢のようなライナーではなく、ある程度滞空時間のある飛球でした。しかし次の瞬間、画面に映し出された光景を見て目を疑いました。荻野が二塁で止まったのです。荻野といえば球界でも屈指の俊足の持ち主です。それがよく表れているのが、右打者であるにもかかわらず頻繁にセフティーバントを成功させることです。右打者がセフティーバントなど、試みるだけでも異例のことなのに、いかに彼の足が速いか分かります。私は打球が中堅柳田の頭を越してぽとりと落ちた瞬間、三塁打を確信したのです。ようは怠慢な走塁だったということです。
果たして本塁の後ろに投球をはじいたからといって、二塁走者までもが生還できるものなのでしょうか。これも珍しい、稀なプレーです。実際のところ二塁走者は一旦自重して、然る後に再び本塁に突入したのでした。前日の怠慢プレーを振り返えって考えれば、これも同様だったのではないかと疑わざるを得ません。一方で既に優勝を決めたホークスには怠慢プレーなど一切見られず、走攻守にわたって緊張感に溢れていました。本来は挑戦する側がそうでなければいけない筈なのに、嘆かわしい話です。こんな調子では四位転落が濃厚と言わざるを得ません。どの球団が二位になろうとCSは観に行きたいですが、ビジター応援席を買うか買わないかの判断が難しくなりそうです。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC07237.jpg
DSC07240.jpg
昨日は無事にホークスの優勝を見届けてきました。胴上げがなかったのは残念でしたが、選手が内野一杯に広がって輪になり、金色に光る紙吹雪が舞う、これはこれで味わいがありました。惜しむらくは就寝時間が気になって、その後の花火まで見られず球場を後にしたことです。しかしこれでも野球場の近くに住んだ甲斐があるというものです。

DSC07238.jpg
それはいいのですが、気になるのはマリーンズです。優勝争いをしていたのも今は昔、大失速をしている間に気付けば西武に2ゲーム差に迫られています。三位転落もあり得る、いや四位の楽天までも3.5差ですから、Bクラス転落も十分にあり得ます。まさしく尻に火が付いた状態です。
何としても踏み止まり、CS出場を果たさねばなりません。こうなると今日、明日も緊迫した試合が望めそうです。早く引っ越しを終わらせたいので、場合によっては明日の切符は放棄することも考えていました。しかしそれどころではないようです。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC07229.jpg
明日27日のソフトバンク対ロッテ戦、そして三日後の同じくソフトバンク対ロッテ戦をおさえてあります。切符を手配した時点では、熱い首位攻防戦が再び観られると勇んでいたのです。ところがあろうことかその直後から状況が激変しました。ホークスが十二連勝という信じ難い快進撃をする一方で、マリーンズは絶望的な貧打にあえいで連日の完封負け、六連敗という体たらくです。ほんの少し前まで僅差で競っていたのがまるで嘘のようで、マリーンズの優勝は九分九厘なくなってしまいましたorz

一週間くらい前は、緊迫した首位攻防戦を観られるという期待を裏切られて興醒めしていました。明日は休みで雨の心配もなく、精力的に荷物を移動して引っ越しの殆どを終わらせなければいけません。進捗状況によっては切符を放棄し、夜まで引っ越しに専念することもあり得ると考えていました。
ところがさらに状況が変わりました。地元のホークスファンもまさかこんなに早く決着するとは思わなかったと口を揃えますが、ホークスの優勝マジックが2となって明日を迎えることになったのです。これは生で胴上げを見られる可能性が高いです。緊迫した首位攻防戦、マリーンズの優勝ともになくなったのは残念ですが、これはこれで別の楽しみ、貴重な機会です。もうこうなったからには、ホークスに勝ってもらって優勝の瞬間と胴上げを見られた方がいいです。
明日と三日後をおさえたと言いましたが、明後日を見送ったのは残業だからです。明日ホークスが負けて胴上げが先延ばしになるのは最悪です。目下の実力差から言って、マリーンズが連勝する可能性は著しく低いからです。何れにせよ明日は球場に足を運ぶことになりました。果たしてどんな結果が待っているでしょうか。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC07157_20201011164358ed6.jpg
ホークス対マリーンズの首位攻防三連戦、今日は出勤だったので観に行けませんでしたが、一昨日と昨日の二日間球場で観戦してきました。金曜日はナイターでしたが次の日が休みと思えば時間を気にせず最後まで観られるし、昨日の土曜日は14時試合開始のデーゲームという理想的な流れでした。

DSC07158_202010111644007ac.jpg
まずは初日の金曜日。この日は早めに球場へ行き、居酒屋「鷹正」で飲んでから席に着きました。やはりてらいのない良い店です。前出の生ビール無料券ともつ鍋の半額クーポンを満を持して消化しました。生ビールの次はメガハイボールを注文。水を飲まされているのではないかと思えるような薄いものを出す店も少なくないですが、ここのハイボールは適切な濃さです。もつも新鮮で良いものを使っているのでとても美味。球場の中に入る店でこの質の高さは天晴れです。

DSC07159_20201011164402a7d.jpg
肝心の試合ですが、開始早々ホークスの先発投手が四球を連発して自滅しかけましたが、何とか踏ん張って試合が壊れるところまではいきません。その後はプロ野球らしい締まった内容で、3-1でマリーンズが辛勝。今季二度目となるゲーム差なし勝率1厘差にもっていくという、見応えのある内容でした。

昨日は14時開始、これならば自宅で昼食を摂った後観戦し、晩酌の時間までに戻って来られます。割高になる球場内での飲み食いをしなくてよいのは素晴らしいです。むろん時にそれも楽しみの一つではありますが、二日続けてとなると歓迎しないからです。
この日はホークスの先発東浜が素晴らしい投球を披露し、1-5で俺達のマリーンズは敗戦です。しかし二日続けて締まった内容の試合を観ることができて、悪夢だった先日のオリックス戦とは天地の差です。

DSC07160_20201011164403942.jpg
また、ビジター応援席は先行抽選がなく先着のみの販売だったため諦めたわけです。しかし声を出しての応援ができない今はビジター応援席も形骸であり、普通の三塁側外野席でも大差ないだろうと思っていましたが、まさにその通りでした。そして先日のオリックス戦では、バファローズファンの余りの少なさに見ている方が虚しくなる程でした。席数が少な過ぎると他球団のファンから不評のビジター応援席すら埋まっておらず、見たところ三十人くらいしかいないのです。
最下位独走ではそれも致し方ないと思えますが、これに対して流石は週末の首位攻防戦でした。マリーンズのビジター応援席はびっしり満員。さらに三塁側外野席も四割くらいはマリーンズファンでした。特に金曜日は私の周りはマリーンズファンしかおらず、得点やファインプレーの際には「エアハイタッチ」を交わして喜びを共有しました。

DSC07161_2020101116440546c.jpg
残念ながら先程マリーンズが負けてしまい、ゲーム差が2に広がってしまいました。それでも、最後までもつれるであろうことは確実です。これは27日~29日のソフトバンク対ロッテ戦も観に行かないわけにはいかないでしょう。ここは平日なので三日ともナイターです。そして27日が休みでその後は出勤と、勤務日程と噛み合いません。しかし少々無理をしてでも足を運ぶべきでしょう。明後日が先行抽選の申し込み日です。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!