無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


最後の北陸行 

DSC04969.jpg
新幹線の開業前に最低でもあと一回は北陸へ行かねばと思っていたところに、何と間の良いことか、14日の土曜日に高岡へ行く用事が出来た。もちろんこれを活かさない手はない。
明日から出発して二日間活動し、土曜日は一日用事があるので活動らしい活動は出来ないものの、翌日曜日は再び活動しつつ夜に帰着という予定である。用事とはいっても降って湧いたような急用というわけではなく先月の時点で既に決まっていたので、このように万全の日程を確保することが出来た。これによって「北陸フリー乗車券」の有効期間である四日間を最大限に活用出来るというわけだ。
残りは遂に一ヶ月となり、恐らくこれが最後の北陸行となるだろう。今回の活動の結果によっては多少無理をしてでもまた足を運ぶ可能性は否定できないが、それはまあそれとして…

活動の内容としては、今回はとにかく国鉄型車両との惜別が目的である。従って毎日ひたすら乗車、それも同じ地区を行ったり来たりすることになりそうで、先の北海道活動はもちろん、特急色の編成を目当てに臨機応変に動き回った信越線活動と比べてもかなり地味な内容になるだろう。そこはご了承下さい。
夜はもちろん居酒屋で、前回北陸を訪ねたのは10月で、さしもの神秘の海富山湾の幸にも端境期があるのだという事を思い知らされてしまったが、今はまさに豊潤なる早春、こちらは大いに期待していいだろう。
一方で心配なのは天候や積雪の状況だ。北陸では先日大雪が降ったようだが、今日明日は気温がぐっと上がって雨の予報。だが明後日からは再び気温が下がって雪の予報である。もうこうなると積雪の程度や路面の状態など予測することは不可能だ。何を履いて行くべきか、今大いに悩んでいるところである。




にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 15年2月/北陸

[edit]

PAGE TOP

(一日目)紆余曲折を経て出発 

本来乗ろうと思っていたのよりも一本早い新幹線に乗るべく早めに家を出発した。直接の理由は、早朝の起床だったにもかかわらず目覚ましよりも20分早く目が覚めたことだ。起きた瞬間、これは一本早い列車で行けるかも知れないと思った。
果たして大宮駅に着くと、まったく意識していなかったさらにもう一本早い臨時列車がすぐにホームに滑り込んできた。見送る理由もなくそれに飛び乗ったというわけだ。
車内はスキーへ向かう若者達で大盛況で、何とか一つの空席に座ることが出来たが、本当にぎりぎりのところだった。平日だから大丈夫だろうと高を括って自由席の切符を買っていたのだが、考えが大いに甘かったようだ。結果として着席出来たから今回は結果よしというところだが、今の季節の上越新幹線に指定券を買わずに乗るのは無謀だという事を勉強した。

4091C「MAXたにがわ91号」大宮654~越後湯沢745





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 15年2月/北陸

[edit]

PAGE TOP

予想外の早着 

DSC04970.jpg
まさに典型、絵に描いたよう。冬枯れの関東平野から上越国境のトンネルを抜けた瞬間豪雪の越後、という場面を体験することが出来た。二階建て車両の一階席に乗っていた故、窓ガラスがスプリンクラーの吐く水で無遠慮に叩かれるのもまた味がある。

DSC04971.jpg
さて本来乗るべきだったのよりも二本早い列車に乗った上、その臨時列車が所謂「速いたにがわ」だったため予定していたよりも随分と早く越後湯沢に着いてしまった。そもそも朝一番の段階で何故一本早い列車に乗ろうと思ったかというと、俗に「越後湯沢ダッシュ」と呼ばれるはくたか号自由席への乗り換えで気を揉まずに済むからである。こちらこそ平日だからまず大丈夫だろうと思う一方で、午前中のはくたか号の乗車率が水物であることも経験上知っていた。
結果としてそのはくたか号の発車までまだ三十分もある。まあ懸念の乗り換えがまさしく余裕綽々で出来たのだから得るものはあったのだが。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 15年2月/北陸

[edit]

PAGE TOP

はくたか2号 

DSC04972.jpg
DSC04973.jpg
DSC04974.jpg
そんなわけで満を持してはくたか2号に乗り換えます。この列車、在来線でありながら表定速度が100km/hを超える高速列車である。堂々の9両編成。
だが北陸新幹線の開業を間近に控えた今となっては、この列車が速ければ速いほど、立派であればあるほど最初から暫定路線として生まれた北越急行の悲哀が浮き彫りになる。ある意味北越急行の悲しき象徴とも言える列車なのだ。

1002M「はくたか2号」越後湯沢820~直江津905





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 15年2月/北陸

[edit]

PAGE TOP

直江津到着 

初めてはくたか2号に乗った時、大宮から僅か三時間半、午前中のうちに金沢に着くとは凄い時代になったものだと思った。だが栄枯盛衰のなんと早いことか、そのはくたか号がまさになくなろうとしているのだ。それを思うと終点の金沢まで全区間乗り通したい気持ちも強く湧いてきて、後ろ髪を引かれる思いだった。
だがそれは過去に何度もやっているし、今日の目的は金沢に早く着くことではない。振り切って予定通り直江津で下車した。

DSC04975.jpg
DSC04977.jpg





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 15年2月/北陸

[edit]

PAGE TOP