日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム |  次の頁

IMG_3881.jpg
こと酒に関して言うなら、特徴がないというのが最高の誉め言葉だと思っています。甘味、苦味、渋味、酸味など各味の要素のバランスが良く、しっかりした味わいがありながらも重過ぎず飲みやすい。これを理想の酒とするならば、つきつめていけば特徴のない酒こそが究極の完成形だということです。
このビールを飲んでまず思ったのは、特徴がないということでした。全体のまとまりが非常に良く何らかの味の要素が目立つこともなく、あくまでも穏やかでまろやか。それでいながらビールらしい重厚な味わいが楽しめます。たいへんに美味なビールですが、それだけに予て繰り返し疑問を呈してきた、何故エビスの名の安売り、乱発をするのかとまた感じずにはいられません。普通のエビスビールは苦味も香りも鮮やかで、このビールの味わいとかけ離れている、いや対照的であるとすら言えるのです。ただし一つだけ気付いたことがありました。酒器に注いだ時に立つ香りの一部に、普通のエビスビールと同じものが感じられるのです。これは同じホップを使っているからか、それとも全く別の理由なのか。素人の私には理解すべくもありませんが、ここまで突き詰めるとむしろどうでもよくなってきました。エビスビールとは全然違う味の、とても美味なビールでした。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3880_202402101357172e5.jpg
久々に個性のあるビールに出会いました。一言で言うなら、甘いのです。まず酒器に注いだ瞬間甘い香りが立ちますが、後味にも日本のビールには珍しい鮮やかな甘味が残ります。むろんただ甘いだけでは困ります。苦味や渋味など他の味の要素や、ビールらしい重厚な味の骨格とのバランスが大切なわけですが、そのあたりにも苦心して丁寧に仕上げた印象です。それにしても麦芽とホップだけを使ってこうした印象的な甘味が出せるものなのか。このあたりが現代の醸造技術の凄さなのでしょうか。ここにほのかに酸味を纏ってくれればよかったのですが、そこまで望むのは難しいのかも知れません。
個人的にはまた飲みたいとは思いませんが、甘味を感じさせるこのビールは独特の明るさや華を感じさせます。少なくとも平板な味わいの普通のプレミアムモルツよりはずっといいです。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_2035.jpg
たいへんに美味なビールです。重厚で複雑な味わいがしっかりと軸にあり、果物のような爽やかな香りがその周りを彩ります。香りは出過ぎずあくまで脇役に徹し、按配が憎いくらいに絶妙です。先味でほんの僅かに香り、それからごくさりげなく中味の輪郭を鮮やかにし、そして後香りがすっと抜けていきます。
近年必然性のない安易な派生商品を乱造するエビスビールの凋落ぶりを繰り返し嘆いてきましたが、少なくともこれはエビスを名乗るに恥じない出来です。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC08536.jpg
必然性の感じられない派生商品を安易に乱造するエビスビールのあり方については、これまで度々批判してきました。そんな中にあって格が違うのが琥珀エビスです。毎年完成度の高い力作であることには感心します。が、年によって味にばらつきがあるのも事実です。酒である以上毎年味が変わるのはむしろ当たり前なのですが、近年は惚れ惚れする程に美味いものに出会えていませんでした。
自分が思う琥珀エビスの最高傑作は2011年版と2012年版ですが、今年の琥珀エビスプレミアムアンバーはこれらに匹敵します。これぞビールの魅力というべき重厚なコクある味わい、鮮やかで爽やかな先味、何より素晴らしいのは後味の上品な香りです。絶妙な酸味を伴った華やぎある香りだった2011年、2012年版琥珀エビスの後香りに比べると若干大人しい印象ですが、たいへんに美味なビールです。店頭で買える今のうちに沢山おさえておきたいと思います。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC08336.jpg
過去にも何度か述べてきましたが、プレミアムモルツを美味いと思ったことがありません。確かに味が綺麗、澄んでいるということでいえばこれを超えるビールはないと思います。しかしビールというのは良い意味での雑味があって味の要素が多く、複雑な味わいだからこそ美味いのです。然るにプレミアムモルツはこれらを欠いていて、平板で単調なのです。

しかしこのマスターズドリームは美味いです。複雑玄妙な味わい、それに加えて上品な香りも素晴らしいです。感心するのは、味が綺麗で澄んでいるというプレミアムモルツならではの特長がその味わいの向こうにしっかりと感じられることです。何故同じ名を冠するのか疑問を抱かずにはいられない派生商品を乱造するエビスビールに対して、こちらは評価するべきでしょう。
ただ、値段が高いのだから当然の味わいだとも言えます。一つ四百円近くするのは缶ビールとしてはかなりの高額です。継続して飲みたいと思うものではありませんでした。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!