無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


中一日での出発 

DSC06631.jpg
中一日で再び活動に出るとは自分でも思わなかった。だが活動とはいっても今回こそはささやかなものだ。
急遽明日の午後に新潟へ行く用事ができた。日曜ということで、当然週末パスを購入した。単に新潟まで行って帰ってくるだけでもこの切符を利用した方が得だからだ。本当は今日は家でゆっくり静養するつもりでいたのだが、かなりの広範囲で自由に乗車出来る切符を一日分遊ばせる手はないだろう。そのようなわけで連日の寝不足で眠い目をこすりながら家を這い出てきたのだ。それにしても、中一日はともかくとして行き先まで同じ方面になるとは何という偶然だろうか。

2403C「MAXたにがわ403号」大宮830~越後湯沢935





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)





カテゴリ: 16年4月/新潟

[edit]

PAGE TOP

上越新幹線の自由席 

ふた月も前だったら土曜の朝の上越新幹線の下り列車に指定券を買わずに乗るなど無謀な行為だが、スキーの季節も終わり、とはいってもまだ登山などが出来るわけではない。こと上越方面について言えば今は行楽の需要がない中途半端な時季と言えるだろう。
予想と期待のとおり列車はがらがらに空いており、2号車下階の先客は僅かに四人だった。しかし列車の行き先はガーラ湯沢である。いつまで営業するのかは知らないが、越後湯沢で一部切り離しをしてまで運行するのだから御苦労な話だ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 16年4月/新潟

[edit]

PAGE TOP

朝食抜きの誤算 

毎度お馴染み越後湯沢駅の中のおにぎり屋を朝食のあてにしていたのに、無情にも開店前だった。事前の情報でも9時半開店となっていたし、土曜日のこの時間にはてっきり開いているだろうと思っていただけに誤算だった。仕方なしに駅弁に切り替えようかとも思ったが、200円のおにぎりを想定していたところに840円もする弁当を買うのはばかばかしい。
加えて、今日は少し早い時間に昼食を予定しているのでおにぎりを一個だけ食べようと思っていたところなのだ。弁当では重過ぎる。このように逡巡した挙句、結局は朝食は諦めることにした。つい三日前にもこちらの米の美味さに感動したばかりなだけに、残念である。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 16年4月/新潟

[edit]

PAGE TOP

北越急行 

DSC06632.jpg
DSC06633.jpg
本日の活動は受動的な理由により急遽決まったものであって、旅程を考える暇もなかった。多分に行き当たりばったりであり、内容らしい内容は期待しないでいただきたい。越後湯沢で北越急行に乗り継ぐために大宮を20分も後にでる「とき」でも同じことだったところなどにこの事がよく表れている。
さて越後湯沢から乗車するは超快速なる種別の列車だ。軽薄な名前はともかくとして、六日町をも通過して途中停車するのは十日町のみ、直江津まで一時間を切るという快足ぶりである。表定速度は実に90km/hに迫り、優等料金なしで乗れる列車としては異例の高速列車といえるだろう。
これはかつてのはくたか号の意志を継ぐ列車か。9両編成の特急が駆け抜けた栄光も今は昔だが、この列車に北越急行の誇りが残されているような気がする。

3832M「超快速スノーラビット」越後湯沢957~直江津1054





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 16年4月/新潟

[edit]

PAGE TOP

贅沢な景色、貧しい行い 

満開の桜の向こうに雪山を望む、まさに絶景が続く。天気も良くて言うことなしなのだが、残年なのは窓ガラスに色が入っていてこれを十分に楽しめないことだ。景色が楽しめるのは六日町までの短い区間だし、HK100系は前面の視界が良いので「かぶりつき」をしていようかとも思ったのだが、数人の子供達がいる中に中年男が一人混ざるのもいただけない。
そもそもこのようにしてブラインドを省略するのはJRの通勤型車両でも横行しているが、折角の景観の良い区間でもこうしたあからさまな安作りの弊害を被るとは嘆かわしい話である。






にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 16年4月/新潟

[edit]

PAGE TOP