日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム |  次の頁

IMG_1771.jpg
有名なこの店を初めて訪ねることができました。とはいっても美味くて評判というわけではありません。何と替え玉が10円なのです。初めてこれを知った時、得体の知れない粗悪な麺を使っているのではと疑いました。しかし九州産の小麦粉を使っていると謳われています。九州産即ち粗悪ではないという理論は成り立たないかも知れませんが、それはまあそれとして…
何れにせよ一玉10円ではいくらなんでも原価も回収できないでしょう。損して得取れの精神で、替え玉を集客の肝としているのでしょう。

IMG_1770.jpg
スープは余分な脂や濁りがなくきれいで、まろやかな口当たりの上品な味わい。個人的には豚骨スープはもっと荒々しい仕立ての方が好きですが、これはこれで隙のない完成された味わいで美味です。自慢の麺は歯応えがよくこれも美味。チャーシューは柔らかく煮込まれ、薄切りながらしっとりした上等なハムのような舌触りでこれも美味いです。全体のまとまりも良いし、着色していない生姜を置いているのもたいへん好印象です。
最近食が細くなった私は替え玉を注文することがなくなりましたが、ここに来たからには一つくらいはと替え玉を所望しました。10円玉を店員氏に手渡しつつ、本当にこの額でよいのかと思いました。10円替え玉ばかりが有名で、味で評判というわけではないと言いましたが、十分に美味いしまた行きたいと思いました。それでも地元ではラーメンの話題になっても名前が挙がることはありません。つくづく福岡人は豚骨ラーメンの味にうるさいのだなと思いました。

さて一つ気になったのは、運動部の男子高校生などがこの店に来たら一体どうなるのかということです。高校生の頃にいかに沢山食べたか、自身の過去を思い返しても今やとても信じられない程でした。私は体を動かすのが大して好きではなく、高校では写真部に所属し、体育の授業も怠けてばかりいました。そして痩せていて、どちらかというと貧弱な体格でした。そんな私でさえ高校生の頃は今の十倍くらい食べていたのではないでしょうか。
私の通っていた高校は二限が終わると学食が開いたので、まず10時半に学食に行ってカレーうどんなどを食べます。昼休みには母親が作ってくれた弁当ですが、弁当箱を二つ持っていました。大きい方はご飯だけがびっしり入っていて、小さい方も半分くらいはご飯が、あとの半分におかずという配分です。昼の弁当だけで米を二合は食べていた筈です。放課後は高校の最寄り駅の近くに安くて美味い中華料理屋があったので、ほぼ毎日友人と連れ立ってそこを訪ねていました。大盛りよりさらに多い特大に餃子を付けていただくのが通例でした。そして帰宅して夜にまた二合飯です。仲の良かったサッカー部の友人などは10時半の学食でカツ丼とカレーの大盛りなど食べていましたから、それこそ一人で一日に一升くらいは食べていたのではないでしょうか。
そんな食べ盛りの男子高校生にとって10円で食べられる替え玉は猫に木天蓼の如しでしょう。男子サッカー部員などが連れ立ってここにやって来て、めいめい替え玉を三つ、四つと注文したら果たしてどうなってしまうのか。一度そんな光景を見てみたいものです。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_0027.jpg
ずっと気になっていた店を遂に訪ねることができました。勤めていた会社で担当していた地区だったこともあり、毎日のように前を通っていたのですが、いつ通っても必ず混雑しているのです。それも納得の内容でした。
年季の入った建物で、殺風景な店内です。午後一時ちょうどに入ったのですが、満席になりそうでならない絶妙の客入りです。そして客は全員が男。皆黙々とラーメンをすすっては、食べ終えるとすぐに席を立ちます。

IMG_0026.jpg
チャーシュー麺を注文しました。スープはしっかりとコクがありながら口当たりはまろやか、これぞ豚骨スープという味わいです。個人的にはもっと濃厚で匂いも強いスープの方が好きですが、バランスが良く完成された味です。麺はちぢれが一切ない極細の麺。これも、いかにも長浜ラーメンの麺です。チャーシューは薄切りで、良くも悪くも獣肉の匂いが残っています。好みが分かれそうですが、くせになる味です。麺の量も多めで食べ応えがあり、替え玉の必要はありませんでした。
このチャーシュー麺は780円でしたが、普通のラーメンは560円と良心的な価格です。古い建物をそのまま使い、客の回転も早く大繁盛。だから安く出せるという典型的な好循環です。幹線道路沿いにあって駅から遠く、車で訪れる人しかいないから当然といえば当然ですが、酒類の提供は一切なし。この潔さは好感が持てます。そして一日中客の回転が良いでしょう。これならば大繁盛するのも当たり前です。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC09849.jpg
完全にこの店にはまってしまいました。濃厚なコクがありまろやかな口当たりのスープが自分の好みとぴったりなのです。本ブログに登場するのは三回目ですが、実際にはもう一回か二回は多く足を運んでいます。今回も大いに満足したわけですが、実は当店には恐るべき罠が待ち構えているのです。

DSC09850.jpg
前回、調子に乗ってチャーシューの増量に加えて玉子や海苔まで乗る千円もするやつを注文してしまったと言いました。しかし玉子と海苔が乗らない通常のチャーシュー麺と30円しか違わないのです。海苔玉チャーシュー麺が千円、チャーシュー麺が970円というわけです。この金額差なら海苔玉チャーシュー麺を注文したくなるのが人情です。
しかしよく考えれば、どうしても食べたいわけでもない玉子と海苔を、それも飲んだ後の遅い時間にわざわざ食べるなど何の利もありません。今回は冷静にチャーシュー麺を注文しました。こちらの方が肉の存在感が際立ち、猛々しい見た目になります。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC09839.jpg
何度か訪ねていますが、ここに登場するのは初めてです。場所は長浜ですが、何軒ものラーメン屋が密集している所からは少し離れた那の津通り沿いにあります。横に長い入口、夜には橙色に光る大きな看板は抜群の存在感があります。

DSC09840.jpg
いかにも豚骨ラーメンらしい一杯ですが、あっさりと口当たりの軽いスープが特徴です。個人的にはもっと強い匂いや濃厚なコクのあるスープが好みですが、こちらはこちらで完成された味。この穏やかで優しい味わいは頻繁に通っても飽きないでしょう。酒やちょっとした肴も種類豊富で、暫くゆっくり飲んだ後に最後にラーメンという使い方ができるのもよいです。広い店内の片隅におでん舟が置いてあるのも屋台時代からの伝統でしょうか。福岡のラーメン屋では珍しいですが、自由に取って食べる方式は讃岐うどんのセルフ店を彷彿とさせます。
飲んだ後の締めに立ち寄るのは立地が良いとは言えませんが、一度は訪ねておくべき名店です。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




DSC09833.jpg
久し振りに西新で昼食をいただきました。定食、ラーメン、ちゃんぽん、丼もの何でもござれですが、この日はラーメン、そして新しい店を開拓したい気分でした。豚骨ラーメンを食べる気でいたのですが、現地に着いたところで突然気が変わって吸い込まれたのがこちらの店でした。福岡では珍しい、背脂を振りかけた醤油ラーメンを出す店です。つまりあの土佐っ子ラーメンと同じ系統のものが食べられるということです。
この手のラーメンを食べるのは一体何年振りのことか。非常に楽しみにしていたのですが、期待し過ぎたのがよくなかったか、結果はやや残念なものでした。

DSC09834.jpg
千円の醤油チャーシューメンを注文しました。背脂の量を三段階から選べるのですが、初めての訪問なので一番多くしてもらいました。この手のものを食べるのは味の良し悪しもさることながら、とんでもない高カロリー高塩分を承知の上で羽目を外すことに意義があります。ならば、背脂を振りかけた上にチャーシューを乗せたこの盛り付けは残念でした。丼が白い脂に覆われた尋常ならぬ見た目がまず大事なのですが。
チャーシューの下にはたっぷりの背脂が隠れていましたが、醤油味がやや足りず味のバランスを欠いているのも惜しいです。しっかりとかき混ぜた上でさらに醤油を少し足してみましたが、後から醤油を足して味が整うような単純なものではありません。背脂の量を少なくすれば全体の完成度は上がるのかも知れませんが、それではこういった店にわざわざ足を運ぶ意味がありません。やはり福岡では豚骨スープ以外のラーメンはまだまだ未発達だし、需要も競争も少ないからなかなか進化しないのでしょう。十二時台なのに先客が二人だけで客席は閑散としており、私が席を立つと無人になってしまいました。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!