無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


小笠原旅行③ ~出航、船内探検~ 

IMGP0809.jpg
銅鑼が打ち鳴らされ、汽笛を鳴らしていよいよ出航である。

IMGP0811.jpg

IMGP0814.jpg

IMGP0816.jpg
出航して間もなく、首都高台場線(レインボーブリッジ)の下をくぐり、絶景である。また、羽田に離着陸する航空機がひっきりなしに頭上を通過し、なかなか忙しい。



つづいて船内を探検してみよう。

IMGP0823.jpg

IMGP0822.jpg
典型的なフェリーらしい作りの船内。逆の言い方をすれば、どうしてフェリーというのはどの船もこう判で押したような作りなのだろう。

IMGP0824.jpg

IMGP0817.jpg
自販機コーナー。ビールは、300円とやや高め。

IMGP0819.jpg
おがさわら丸は風呂が無いのが残念だが、その代わりシャワーは24時間自由に使える。ただし、シャンプー類は置かれていない。シャワー室の広さは上々だ。






にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 09年4月/小笠原

[edit]

PAGE TOP

ラーメン二郎品川店 

IMGP1064.jpg
前回の初訪問の時はまともに食べられる状態ではなかったため、今日が事実上の初訪問と言っていいだろう。
11時半くらいに到着。行列は店の角を曲がって脇の道に少し入ったあたりまでで、厳密には数えなかったが、15人くらい。
この品川店は店の外に券売機があるのが特徴で、中に入る前に買っておくのだが、最初に券を買ってから並ぶ人より、行列が進んで自分が券売機の脇あたりに来てから買う人の方が多かった。

場所柄、時間柄か、ネクタイ姿のサラリーマンが殆どだ。
「12時前から並んで、暇だなあ」
「昼休み終わるまでに戻れるのか」
「口臭くて午後の仕事大丈夫なのかよ」
などなど、要らぬお世話の心配をあれこれしてしまう(笑)

相変わらず暗く静かな店内に、怖い店主と助手。
席に着く時点で初めて食券を見せることになるのだが、着席してからご対麺までは速い。
麺の量が結構あるが、少な目を頼む人が一人も居ない。

今日は普通の小ラーメンを注文。
トッピングは、ヤサイニンニク。

IMGP1066.jpg
ヤサイは、増しコールをしてもそれほど多くはなかった。
品川店では常連にのみ許される「ヤサイトリプル」「ヤサイタワー」なるものがあると聞いているが、そのような物を注文する者は誰一人としていなかった。それどころか、ヤサイマシマシにしている人も居ない。この量だったら、自分としてはマシマシくらいがいいのだが。
やはりそのような猛者は夜の部に集まるのだろう。
今日は前回に比べて茹で加減が上々で、なかなかの歯応えでよかった。

スープは僅かに乳化していて、脂がけっこう効いている。前回来た時はカネシの効きが絶妙でかなり旨かったのだが、今日はやや薄味で物足りない。ヤサイといい、ブレの大きい店のようだ。

豚、前回は味が濃過ぎてしょっぱかったが、今日は逆で、味が薄かった。
一枚一枚の小ささと堅いのは前回と一緒で、やはり豚はいまひとつ。

麺は旨い。小麦が香る。細めながらコシがしっかりしていて、やや固めの茹で加減でかなり歯応えがある。麺の量も多い方で、二郎標準といった感じ。二郎の麺をガツガツ食べ、歯応え喉越しを味わうにはいいだろう。麺派にはたまらない店だと思う。




では改めて。(前回の評価は余りあてにならないが、ブレが大きい店だということはわかった)
麺    ★★★★
スープ  ★★★
野菜   ★★★★
豚    ★★
麺量   ★★★★
<自分のおすすめは: 小ラーメンヤサイマシマシニンニク>
それとも、ヤサイダブルっていうのか?




12/30 三田本店
12/31 池袋東口店
1/5 桜台駅前店
1/8 桜台駅前店
1/11 大宮店、高田馬場店
1/18 横浜関内店、鶴見店
1/20 ひばりヶ丘駅前店
1/26 ひばりヶ丘駅前店
1/28 桜台駅前店
1/31 歌舞伎町店
2/4 ひばりヶ丘駅前店
2/8 荻窪店
2/12 桜台駅前店
2/24 桜台駅前店
2/28 八王子野猿街道店2
3/10 ひばりヶ丘駅前店
3/19 神田神保町店、( 品川店 )
3/21 環七一之江店
3/22 栃木街道店
3/23 府中店
3/26 目黒店、新宿小滝橋通り店
3/30 三田本店
4/1 桜台駅前店
4/5 高田馬場店
4/13 品川店






にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: ラーメン二郎

[edit]

PAGE TOP

決断 

今日から新しい会社に出勤する予定だった。
転職を考え、首尾よく採用をもらった。

しかし、辞退した。
考えに考え、ある決断をした。







にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 日常

[edit]

PAGE TOP

小笠原旅行④ ~船内探検つづき、夕食~ 

船内探検の続き。

IMGP0821.jpg
おがさわら丸の特徴がこれ。壁にびっしりと貼られたツアーのポスター。
後述するが、小笠原で遊ぶには、基本的には色々なショップが催しているツアーに自分で申し込むという形をとる。これは各ショップの宣伝ポスターなのだ。
(ツアー会社などという大それたものはなく、殆どの場合ペンションや民宿、土産物店などが兼業している)

IMGP0832.jpg

IMGP0833.jpg
それからこれ。
小笠原諸島は「海洋島」のため、日本本土とは異なる、孤立した生態系を持つ。それ故、本土からの「外来種」の侵入がないよう、この点については旅行者もきわめて神経質になり、気をつけなければならない。
(海洋島というのは、大洋中に孤立して存在し、島の成立以来一度も大陸と陸続きになった歴史の無い島のことで、日本では小笠原諸島と大東諸島のみ。世界的には、ガラパゴス諸島が有名。固有の生態系を持ち、その生態系は脆弱である。小笠原のことを「東洋のガラパゴス」などと称したりするが、それは情緒的な表現に留まるものではなく、同じ海洋島という希有な類似点を持ち、またその生態系については保護の必要性が高いという呼びかけもが含まれているのだ)

IMGP0818.jpg

IMGP0834.jpg
北海道行きのフェリーに乗る時など、いつも事前に必要な食糧は全て買い込んでいくのだが、今回は初めて乗る船なので、夕食に限ってレストランを利用することに。
まずはここでも「どこでも居酒屋~」(♪パッパラパッパ パ~パ~パ~ :ドラえもんが秘密道具を出す時の音楽)
生ビールにもつ煮、お新香を注文。決して不味くはないが、決して旨くはない。値段は、決して安くはない。という「決して三連発=フェリーのレストランなんてこんなもの」という公式が見事に成立してしまった。
もちろん帰りの船には三食分を買い込んで乗りました(笑)






にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 09年4月/小笠原

[edit]

PAGE TOP