無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


居酒屋探訪(其の八十四) ~八戸 ばんや~ 

IMG_4668.jpg
IMG_4669.jpg
繁華街の中心部の角地という絶好の立地だが、不思議とこの店の周りだけは騒々しさが無い。猥雑な空気の中にあってここだけが凛としているというか、素人俗人お断りというか、そんな毅然とした気配を纏っている。とはいっても勿論それは悪い意味ではない。一見だろうが一人だろうが女性だろうが、誰でも気軽に入って酒を楽しめる、ここはまさに健全な居酒屋である。

縄暖簾をくぐり格子戸を引いて入れば店の中も外見に負けず雰囲気抜群だ。使い込まれたカウンターの味のある艶、広過ぎずさりとて狭苦しくもない適度な大きさの客席、天井から吊るされた沢山の魚や寒大根の干物。これらは勿論すべてがいずれ供される物だ。
極めつけはカウンター上にずらりと並んだ大皿に盛られた料理の数々。こういうのを見るといかにも居酒屋という感じがして嬉しくなってしまう。どれも実に美味そうだ。
地酒の中でも気取りのない銘柄を揃え、他にも各地の良い酒が色々ある。肴は素朴で実直な南部の郷土の料理が並び、どれも本当に美味い。馬刺しをすすめられた。馬肉を食うといえば伊那谷や熊本などがまず思い浮かぶが、恥ずかしながら南部で馬肉をよく食べることをここで初めて知った。カウンターには一人客が多い。

酒に肴、良心的な価格、雰囲気どれも文句なしだが、やはり特筆すべきはご主人の類家さんだろう。類家さんはかのトキワ荘全盛期の住人の一人で、特に石ノ森章太郎氏とは懇意にしていたそうだ。トキワ荘への入居期間は短く、漫画家への夢を断念したというので世に名は知れていないが、その後美大に進学し、現在でも書や絵画を嗜まれて個展まで開くという、居酒屋店主としては異色の経歴の持ち主である。そんなご主人の話は何を話題にしても実に面白い。ちょっと俗物で自慢好きなところがあるが、そんなところが会津の某名店のご主人にちょっと似ている(笑)
初訪問だったこの日、この「ばんや」が余りに良いのと八戸の町で他にこれといった情報が無かったので、一軒で完結させた。店を出た後八戸の繁華街をくまなく歩き回ってみたが、嗅覚に引っかかる店は他に一軒も見つけられなかった。どうやら八戸の町では孤高の存在か。滅多に行く機会も無い土地だけに、次回八戸を訪れた時もここに腰を据えることになりそうだ。



ばんや
0178-24-5052
青森県八戸市朔日町4
18:00~23:00
日曜休





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 居酒屋探訪

[edit]

PAGE TOP