日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

前の頁  | ホーム |  次の頁

DSC00424.jpg
信州松本から「蔵のむこう」が四年ぶり二回目の登場。
松本駅から歩いてすぐの繁華街にあり、客層や店の雰囲気もやや俗っぽいが、内容はしっかりした実力店である。
この店の美点はまずカウンター席が他の席と隔離されているところだ。大きな店で、テーブル席や半個室のような席もあるが、カウンター席はそれらの喧騒から逃れて壁を背にし、品の良い透かし照明が灯り落ち着くことが出来る。目の前は厨房なので厨房と直接やり取りできるところも一人酒には有り難い。

生ビールがエビスなのが嬉しい。長野県は生ビールにエビスを出す店ばかりなのだが、気のせいかそれとも偶然か?
料理も美味い。今回はまず生湯葉を注文したが美味さに感心した。当然豆腐もとても美味いということになる。酒も含め値段はすべて良心的だし、〆の蕎麦切りもよかった。馬肉も美味いし他にも信州の郷土料理が色々ある点も見逃せない。

DSC00425.jpg
松本といえば山賊焼き、を今回初めて食べてみたが、半分でこの量!しかし聞くところによると山賊焼きとは骨付きのままのモモ肉の丸焼きを出す店などもあるようで、どうも店によってまだ定義が曖昧のようだ。とにかく豪快な鶏肉の料理、ということか。この蔵のむこうの山賊焼きはやや淡白な味付けのただのモモ肉の唐揚げだったが、肉も衣も揚げ方も良くてそれ自体は美味かった。

難点は若いアルバイト店員の接客が拙いことだ。この店を訪ねたのは三回目だが、初めて来た時から全然変わっていない。ハンディターミナル(注文を入力して無線で送信する機械)を手に拙い接客ではまるでチェーン居酒屋だ。
また長野県の地酒をあれこれ揃えるのはいいが、燗出来る酒とそうでない酒があります、などと訳の分からぬ事を言う。燗できない酒なんてものがこの世に存在するものか。
そんな感じで雰囲気が軽薄なところが玉に瑕だが、しかし雰囲気ではなく実を取って先発に暖簾をくぐり、生ビールから入ってあれこれ食べるのなら松本でもっとも着実な結果が得られる良店と言えるだろう。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




DSC00467.jpg
先日、近所のスーパーの惣菜売り場で「チキン南蛮」を購入したのだが、帰って容器を開けてみて驚いた。タルタルソースがかかっていないじゃないか!
薄衣の付け方や甘酢ソースがかかっているところは本場のチキン南蛮と一緒だが、果たしてタルタルソースのかかっていない物をチキン南蛮と呼んでいいものか。恐らくチキン南蛮なる呼称が登録商標になっているわけでも条例で定められているわけでもなく、何をチキン南蛮と呼ぼうと勝手なのだろう。

しかし旅を愛する者、本場宮崎のチキン南蛮を愛する者としてこれは許せないものがある。当地ではほっともっとのチキン南蛮弁当でも甘酢ソースとタルタルソースが別になっていて、先に甘酢ソースをかけるようにとの注意書きまであるほど愛されている食べ物なのだ。
この時は商品名などを記すシールと割引シールが大きく貼られていて、買う時に中を窺い知ることが出来なかったのだ。誰もが名を知る大手スーパーがこういうことをしてはいかん。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




いよいよ車を処分する日が一週間後に迫った。普段全然乗らないのに車を所有していることほど貧乏臭いものはなく、それが処分する理由なのだが、いざ手元に無くなると思うと今のうちに車で活動しておかなくては、と思ってしまう(^^;
しかし一日だけの休み、日帰りで行ける範囲なんてたかが知れている。また、夏タイヤでは行動範囲が自ずと制限される季節に入ってしまった。その上トンネル事故の影響で関越道方面や東名方面は何処かどう普段よりも混雑しているか想像もつかない。

DSC00481.jpg
そこで昨日は東北道に乗り、まず壬生町にある栃木街道の二郎へ。しかし食べてしまうとあとは何もネタが無いことに気付いてしまった(^^;

DSC00485.jpg
DSC00500.jpg
そこで茂木まで走って、そこから真岡鉄道の駅舎活動をする。真岡鉄道ももちろん過去に全駅を訪問しているが、冬枯れの田畑にいかにも乾燥した空気など、北関東らしい風情を味わえたことが一番の収穫だ。
日没ぎりぎりの滑り込みで何とか下館駅まで撮影し、そこから先は常総線に沿って県道を真南に移動していった。途中で地震。車で走っていてもすぐさまそれと分かるくらいの強い揺れだった。まさにラジオを聞いていたのだが、発生直後文化放送は浜松町は震度3ですと言っていた。しかしこちらは震源に近い分明らかに震度3では済まされない揺れだった。体感もそうだが、道路沿いの電柱や看板の揺れが酷い。

DSC00507.jpg
守谷まで移動し、最後に守谷の二郎を初訪問。連食www
久々にやっちまった。その代わり休肝日キタ──(゚∀゚)──!!
駅舎や二郎などそれぞれの詳しい記事はまた後ほど…





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




DSC00481.jpg
四年ぶり二回目、などというと高校野球みたいだが、前回初めて訪ねたのは実に四年半も前の話なのだ。それも無理のない話で、今では仙台にまで直系二郎が出来たが、仙台店はまあ別格として関東にある二郎としては依然として最遠隔地にある店ということが出来るだろう。高速に一時間も乗って行く二郎なんて他に無いw

この日は痛恨の失敗をしてしまった。カメラにSDカードを差し忘れていて、店内やラーメンの写真が撮れなかったorz
(店舗外見の写真は、食べ終わった後駐車場にある車に一旦戻り、パソコンに差しっ放しだったカードを抜いてカメラに挿入して改めて撮った)
しかしラーメンは美味かった!
注文は小豚。先客の様子を見ていたところ野菜はコールをしなくても結構な量が盛られていたので、トッピングはニンニクのみ。この野菜の盛りの多さは四年前の記憶そのままだ。
その野菜は茹でたてでシャキシャキの上に茹で加減も絶妙で、とても美味い。モヤシキャベツ比も頃合いで、文句なしの満点。
麺もいい。細くも太くもない中くらいの太さで、色が濃く味も香りも乗って、コシも十分だし茹で加減もいい。これも満点。
豚がまた素晴らしい。煮込まれた柔らかさ、味の沁み具合、赤身と脂身のバランス、切り分けの厚さや分量まですべて文句なし、これまた満点!
スープは乳化していて茶色っぽい色合い。柔らかくコクがあり嫌味のない味だ。と思っていたら下の方にグルが溜まっていたようで、後半は味がきつくなってしまった。最初によく混ぜなければいけないようだ。とはいえ、豚入りで野菜の盛りも多い二郎のラーメンを最初によく混ぜるのがいかに難しいかは食べたことのある人なら分かるだろう。熟練のジロリアンの中には芸術的な手捌きできれいに混ぜる人もいるが…
しかし、総合的にはここ最近で食べた二郎の中で最も美味かった。
麺の量は前回に来た時よりも減っていた。二郎標準よりもやや少な目。この二郎標準という言葉も形骸化しつつある昨今だが、それはまあそれとして…
しかし味を落としていないというのは素晴らしい。



麺    ★★★★★
スープ  ★★★
野菜   ★★★★★
豚    ★★★★★
麺量   ★★★





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




DSC00354.jpg
良駅は良駅でも、富山地鉄の他の駅舎群とはその趣を大分異にする。地鉄の駅舎はどれも小柄でちょっと小粋な意匠が施されているのが魅力だが、この立山駅は正反対だ。
かなり大きな建物だが、大胆に緩く傾斜した屋根がきわめて印象的で、左右に長く平べったい面白い形をしている。白壁のハーフティンバーに赤い屋根が洒落ていて、とにかく非常に品が良い。これだけの大きな建物でこれだけ上品でまとまりの良い駅舎というのはそうそうあるものではない。

DSC00358.jpg
ここで終点となる地鉄立山線のホームはこの駅舎よりも低い地階にあり、右手にはケーブルカーの乗り場が直結している。駅前は大型バスが発着する巨大なロータリーで、自家用車を大町まで回送する業者が軒を連ねる。ここはまさにアルペンルートの西側の出発点である一大ターミナルであり、ややもすれば機能重視の無骨な駅になりそうなところ、いかにも高原の観光駅らしいこの駅舎を奢ったセンスは賞賛すべきものがある。
良くも悪くも富山地鉄の臭いが希薄で、みんなの立山駅、とでも言うべき大らかな雰囲気がまたいい。
アルペンルートへの憧れを誘うのに十分な観光駅の傑作駅舎だ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)