日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

DSC03772.jpg
南浦和にある二郎インスパイア系の店を初訪問。一口にインスパイア系と言っても色々あるのだろうが、ここのラーメンはオーションの手打ち麺やカネシ醤油など、かなり忠実に二郎に倣ったものだった。
(ただし、カネシ醤油といっても直系二郎に卸されるのは「ラーメン二郎専用醤油」と表記された紫色のラベルが貼られているので物は違う、らしい…)

DSC03771.jpg
ラーメン(700円)に豚三枚増し(170円)を追加。何故だか豚一枚増しと二枚増しは食券機の上で売り切れ扱いになっていて、三枚増ししか選べないようになっていた。しかし後述するがこの豚がたいへん美味かったので個人的には何の問題もなし。
トッピングは二郎と同様の野菜、ニンニク、脂、カラメに加え、タマネギがあるのがこの店の特徴。事前にネットで調べた限りでは野菜の盛りがかなり多そうだったので、今回はニンニクとタマネギを所望した。

まず野菜だが、茹で立てのシャキシャキでモヤシも甘味が出ていて最高。そしてトッピングのタマネギは薄くスライスしたものが三切れ程入っているだけだったが、これも茹で加減が最高で箸休めにぴったり。これは良い。
豚も美味い。柔らかく煮込まれて味もしっかりと沁みて、切り分けの厚さも文句なし。素晴らしい。計五枚入っていたので、普通のラーメンでは二枚入っているということか。脂身の部分がちょっと多めなのが気になったが、よく煮込まれて適度に脂が落ちているので十分美味く食える。ラーメン700円と言われると少々高く感じるが、こんなに美味い豚を三枚増して870円となるとそんな感じもしない。
麺も秀逸。極太でごついコシがある麺で、味も色もとてもよく乗っている。茹で加減がやや堅めだったので余計に食べ応えがあったが、個人的にはこれが実に好みで最高の食感。
スープはこれぞ二郎のスープといった感じの乳化スープで、若干化調がきつかったがバランス良くそつのない仕上がり。麺の量は二郎を基準で言うなら全然多くなく、一般的なラーメンの大盛りくらいに感じた。

総合的にたいへん満足出来る一杯だった。この日は13時頃に行ったのだが、10席のうち7席が埋まっていた状態。自宅からも比較的近いし、この内容で並ばずに食べられるのなら直系二郎に行く意味を感じないほど。



麺    ★★★★★
スープ  ★★★
野菜   ★★★★★
豚    ★★★★
麺量   ★★





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)