無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


勘違いと訂正、そして疑問に思うこと 

今回の信越線活動の中で一つ、大きな勘違いをしていたのでその部分の記述について訂正したい。
初日に「妙高1号」に乗車した際、列車の先頭に近い2号車に乗車してしまったため二本木駅でのスイッチバックで引き込み線に入った時に雪覆いまで達することが出来なかった、後端の6号車などに乗るべきだったと書いた。しかしこれは完全なる勘違いで、列車は先頭が6号車、後端が1号車で、私の乗った2号車は後ろから二番目の車両だった。

しかしここで大きな疑問が残る。6両編成の後ろから2両目に乗ったにもかかわらず雪覆いの中に達することが出来なかったという事なのだ。ポイントをきちんと通過出来るための定められた位置まで、ぎりぎり最小限の移動に留めるのであれば6両編成では雪覆いまで届かないということになる。だが以前に3両編成の普通列車に乗った時はこの雪覆いの中に入り、大いに興奮したものだ。一体何故こんな事が行われているのだろうか。何処まで後進運転するのか、ある程度運転士の裁量に任されているのだろうか。
豪雪地帯のスイッチバック駅といえば、何といってもかつての奥羽本線の赤岩、板谷、峠、大沢の四駅連続スイッチバックが思い出される。そしてこれらの駅は複線のスイッチバックというのが大きな特徴だった。ただでさえ配線が複雑になるスイッチバック構造だが、これが複線ともなると複雑さも極まり、そしてポイントの数が非常に多くなる。これらのポイント群を凍結などから守るため、スイッチバック部分は巨大な屋根で覆われていた。秘境とも言える山間の小駅に木造の巨大建造物が構えられている様はまさしく壮観で、異様とも思える光景だった。
だが、これに対して二本木駅ではスイッチバックのポイント群は野晒しで、引き込み線の奥の方の直線部分に何故か雪覆いが造られているのだ。そもそもこの雪覆いを何のために造ったのか。そして雪の深い日にもここまで列車が至らないのであれば何のために存在しているのか。いずれも謎である。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 14年12月/信越本線の旅

[edit]

PAGE TOP