無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


活動こぼれ話 

DSC035470608141226.jpg
今回の活動では前回の反省を活かし、これを履いていった。
バイク用のゴアテックスのシューズである。結果としてはこれが大正解で、大いに力を発揮してくれた。それなりに重く、長時間列車に乗っている時などは暑くなってきて窮屈な場面もあったが、防水性という点ではそこはゴアテックスなので磐石だった。
今回は列車の先頭を撮影するためにホームの端まで行くことが多くあった。二本木駅はもちろん直江津駅などでもホームの先端部分は除雪されておらず、ただでさえ湿った越後の雪が踏み荒らされて半分溶け、水浸しの状態だった。そんなホームの端に、時に急いで向かわねばならないこともあったが、これを履いていたお陰で迷うことなく真っ直ぐと雪を掻き分けるようにして踏み込んでいくことが出来た。もちろん中が濡れることなどなく、ゴアテックスは透湿性も優れているので常に足は乾いてサラサラ、実に快適だった。
長岡や新潟の町を歩く時も同様で、融雪パイプから出る水も手伝って雪が半分溶けて水浸しになっている道を足元など何も気にせずずんずん歩いて行けた。
快速くびき野や普通列車に短区間乗車する地元の人の中にはゴム長を履いている人も多く見られ、印象的だった。

今回同行した友人は北海道の出身だ。北海道の雪は水分がなく文字通りの粉雪で、また融雪パイプで道路の雪を溶かすなどという文化もない。札幌の市街地など交通量の多いところでは歩道の雪は固く踏み固められ、さらには鏡のように磨かれてたいへん滑り易くなる。当然もっとも恐ろしいのは足が滑ること、転倒することである。私は昨年真冬の北海道を旅した時に使った雪靴も所持しているが、今回当然それは選択肢に入らなかった。
この靴は靴裏に固さやパターンの異なった多種類のゴムが使われていて、非常に滑りにくく出来ている。一方で靴本体の部分は普通の布などで出来ていて、暖かくはあるが濡れることには弱い。だが北海道の冬ではこの靴が正解なのだ。
ところが、何処もかしこも水浸しで滑らないことなどより濡れないことが大事な新潟の冬ではこんな靴はまるで役に立たない。同じ豪雪地帯でも北海道と新潟ではこうも違い、人の生活と雪との関わり方もかように違う。家を出発する前から、行き先を考慮して靴を選ぶ。その時点でもう旅は始まっている。旅の面白さが垣間見られる一幕だった。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 14年12月/信越本線の旅二回目

[edit]

PAGE TOP