無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


サラメシ 

一つ前の記事から繫がる話でもあるのだが、何故日頃テレビをまったく観ないのかというと、別に面倒な主義や方策を持っているわけでも何でもない。単にテレビを観るのが好きではないからだ。とりわけ嫌いなのは特に観たい番組があるわけでもないのに漫然とテレビが点いているという状態で、これは確実に人間の頭を馬鹿にしてゆくし、何より目障り、耳障りなこと甚だしい。
ついでに言うと私は日常的に音楽を聴くという習慣もまったくない。若い頃は車に乗る時によく音楽をかけていたが、車に乗らなくなったこともあってそれも全然しなくなった。明日からこの世に一切の音楽が無くなる、となっても多分何ら変わりなく生きていけると思う。世の中には音楽なしには生きられないという人がいて、それはきっと実りある素敵な人生なのだとは思うが、私はまさにその正反対だ。どんな時でも無音で静かなのが好きなのだ。

テレビを観るのは朝食を食べている間の十分間がいいところ。それも、観たくて観ているわけではない。出勤前に最新の情勢を知らないよりは知っていた方がいい、という程度の思いであり、気が向かない日は観ない。いや観ない日の方がずっと多い。
活動ではビジネスホテルに泊まることが殆どだが、ビジネスホテルといえば必ずテレビが置かれている。だがこれを点けた試しがついぞ無い。先の北海道行のような大型活動となると、テレビをまったく観ない日が一週間、十日と続くのだ。
あとはテレビを観るのは「何時から始まる○○という番組を観たい」と明確な目的がある時に限られる。野球で好みの試合の中継がある時か、高校野球の期間で休みの日、あとは晩酌がひと段落して一息ついた時がちょうど23時過ぎの場合「世界の車窓から」を観ることくらいだ。それも、番組が終わったら直ちに消す。

そんなテレビ嫌いの私だが、久し振りにというか珍しくというか、能動的に「また観てみたい」と思わせる番組に出会った。それが「サラメシ」という番組だ。テレビ嫌いに加え、NHKなどこんなものあるべきではない、けしからんと思っている私がまさかそのNHKの番組に興味を惹かれるとは自分でも意外だったのだが、これは面白い。
初めてこの番組を目にしたのは単なる偶然だった。たまたま実家へ行った時、この番組が流れていたのだ。建設中の高層ビルのクレーン技師が遥か天空の操縦室の中で昼食のおにぎりを頬張るという、私にとっては非日常の極みとも言える光景が目に飛び込んできた。目障りなテレビを消そうと電源ボタンに歩み寄った手が思わず止まった。昼食を切り口にすることによって、それぞれの土地の食文化や風習、そして何よりも普段余り目にする機会のない、様々な仕事の「職場文化」を紹介するという内容は斬新なもので、発想も構成も実に良い。
それでもこのような非日常的な映像ばかりが散りばめられていたなら早い段階で飽きていただろうが、これはたまたまだった。何の派手さもないたとえば人材派遣会社や食品加工工場といった職場が毎度登場している。
午後11時という、ちょうど家で晩酌の時間帯に放送しているというのも観易くて有り難い。あれ以来月曜日だけは夜にテレビを点けるようになってしまった。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 日常

[edit]

PAGE TOP