日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

DSC07387.jpg
マーボー。
先に食べたまえまる、なすからは概ね二十数年前と変わらぬ味だったが、マーボーにはたいへん驚いた。それも、食べてみて驚いたとか蓋を取った瞬間に驚いたのではなく、渡された瞬間に既に衝撃を受けた。かつては別添えで業務用とおぼしき怪しいレトルトを渡され「自分でかけて食え」というのがマーボーの最大の特徴だったのだが、これが無くなり、最初からマーボーの餡がかけられた状態の至って普通の弁当に変貌していたのだ。
そして食べてみて先ず思ったのは「こんなに不味くなかったっけ?!」ということだった。「こんなに美味かったっけ?!」ではないところがあくまでもわせ弁なのであるが(笑)悪くない、なかなかいける。これは別添えレトルトでなくなったことと何か関係があるのだろうか。ともかく、油を食わされているかのような唐揚げの味を誤魔化すのにこのマーボー餡が実に良い仕事をしている。

ちなみに、マーボーにするかマーボー茄子にするか散々迷った挙句にマーボー茄子を所望したのだが、大きな声でぶっきらぼうに「マーボー茄子は時間かかるよ!」と言い返され、暗に注文を退けられた。そこでマーボーに切り替えたのだが、そうしたら先客を何人も飛ばして一分も待たずに供された。しかし、なすからが次から次へと売れていくというのに、何故マーボー茄子は時間がかかるのだろうか。まったくもって不思議だが、単に作るのが面倒なだけだったのではないかと推察している。
それはともかくとして、探りを入れるために次の注文は先ずマーボー茄子、また同じ事を言われたらベスカラだな。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)