日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

去年ちょい飲み手帖に載っている店を飲み歩いたものの、感心するような店は一軒しかなかった。先日このように述べましたが、その唯一の一軒がこの店です。

DSC05477_20191111175836855.jpg
完全な立ち飲みの居酒屋です。そして福岡らしい肴は何一つありません。だから余所から来て福岡らしさを味わいたいという向きには薦められませんが、軽く一杯やるには最高の店です。
福岡で立ち飲みといえば有名なのが「角屋」です。天神駅の目と鼻の先にあり、昼から飲めて格安。まさに大衆酒場の鑑のような店ですが、古く薄暗い店内、特に地階の席は居心地に若干難ありです。このにどねは明るく新しく開放的な雰囲気で、居心地で上をいきます。が、さらに上をいくのが安さと美味さです。生ビールと角ハイボールにそれぞれ「ギガ」があるのですが、これが800mmlで600円という何とも嬉しい価格です。こうやって財布の中も酒の残量も気にせず大ジョッキで存分に飲んでこそ生ビールは美味いのです。しかも注ぎ方がとても丁寧で文句なしです。
肴はどれも絶品で、中でもささみ大葉フライは毎日でも食べたいと思える程の美味です。一番高い品でも500円と、酒に負けじと格安です。先日久し振りに訪ねたところ、余所行きの服を着た老紳士が背筋を伸ばして本を読みながら独酌している様がたいへん印象的でした。昼の二時から開いているのも重宝です。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!