日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

DSC05850_20200131180856d20.jpg
教祖の古い推奨店であるこの店、今回宮崎を訪ねるにあたって唯一の頼りでもありました。ただし初めて訪ねた三年前とは様変わりしていました。以前は宮崎駅北方のガード下で仮店舗とも言えるような安普請で営業していたのですが、もう少し繁華街に近い所に移転、建物も一新して席数もぐっと増え、より本格化して再始動していたのです。しかし中身の良さは変わっていませんでした。

地鶏を専門に扱う店です。刺身、たたき、焼きどれも素晴らしい味わいで、決して安くはないものの健全な居酒屋価格です。また、宮崎の焼酎は全てあるのではないかという膨大な品揃えながら、鹿児島の焼酎を置いていないところにも矜持を感じます。その焼酎は実に良心的な価格です。
公式HPの予約フォームを活用して予約をして行ったことは既報の通りですが、通されたのは長いカウンター席の奥から二番目の席でした。これは他に独酌の予約客がいることを意味しています。私より数分遅れて、最初の生ビールの一杯を飲み干す頃に当人が現れました。店の人とのやり取りから、すぐに熱心な常連と分かりました。他にも予約なしの一人客がやって来ました。これは期待が持てます。
これもカウンター席がとても長いからこそです。独酌には有り難い造りです。一方で明るく現代的な店内は女性客を当て込んでいることが瞭然で、客層はそんな店の目論見が当たったことを物語っています。飲み屋というよりはカフェにいるような感じで、酒肴にうるさい中年男が一人じっくりとこれらを味わうには、必ずしも似合った雰囲気ではありません。しかし実を取るならここを超える店を探すのはたいへん難しいことです。宮崎に行くならばまずこの店を訪ねれば間違いがないでしょう。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!