日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

遅くなりましたが、改めて先日の活動を省みたいと思います。

DSC05906.jpg
まず日程ですが、土日だったというのが唯一の難点でした。思わぬ幸運により連休が転がり込んできたわけだからそこまでの贅沢は言えませんが、これが平日の二日間だったら百点満点だったのに、と思うのが正直なところです。これによって初日の金曜日を小倉に充てるしかなく、その結果前回と同じ時計回りでの九州一周となってしまって新味に欠けました。さらに鹿児島では、天文館で開いている居酒屋がたったの一軒しかなく選択の余地もないという状況に陥りました。
次に天候ですが、これには恵まれませんでした。特に本活動の主題である宮崎を訪ねた中日はずっと本降りの雨で、青島に行くのもままならず、夜も居酒屋へ向かって歩くのに難儀しました。しかし今の季節に終日快晴だった元日の活動が出来過ぎだったとも言えます。

特急、新幹線の自由席の混雑状況について。初日の金曜日、小倉で飲んだ後1941発のソニック49号で別府まで移動しました。直前にホームに下りると長い列が出来ていて、小倉を出る時点では座れずデッキで立つ羽目に。しかし15分走って行橋に着いたところで多くの人が下車しました。通路側ではあるものの無事に着席できて、ひと眠りしたところで別府に着くという上々の展開でした。
翌日土曜の大分から宮崎までのにちりん5号、最終日の日曜の宮崎から鹿児島までのきりしま11号は自由席ががらがらに空いていて、快適な移動でした。最後の鹿児島から博多までのつばめ338号、まさに発車の直前に乗車したのですが、乗り込んだ二号車で一つだけ二席並んで空いているところがあり、そこに滑り込みました。一号車にもきっと同様の空席はあったでしょう。

宿について。初日に別府で泊まった宿は当たりでした。駅の目の前という極上の立地、系列の別館ではありますが温泉大浴場に入れて、充実した朝食が付いて四千円という安さです。建物は古いものですが部屋は効果的に改装されていて不足はありません。次に別府に泊まる機会があるなら候補の筆頭です。
一方で中日の宮崎は宿が混んでいて、何とかおさえられたのは一泊六千円の部屋でした。宮崎は宿代の相場が安く、日によっては四千円を切るビジネスホテルもあります。その宮崎で六千円もする部屋、想像通りの立派なものでした。広々とした部屋は何処もぴかぴかにきれいで、風呂とトイレが別々で、ゆったりした浴槽がありました。自分には過分でしたが、ぎりぎり許容の範囲内の金額でもありました。夕方と翌朝の二回風呂に湯を張って浸かれたこともあって納得しています。

DSC05874a.jpg
こんなところですが、今回の活動を通して今後の手掛かりを一つ得ました。終業後に博多駅に直行してすぐに移動すれば、九州の他の主要都市で夜を楽しめるということです。まず思い浮かんだのが長崎でした。博多1555発のかもめ27号に乗れば、ちょうど二時間で1755に長崎に着きます。市街地に投宿すれば、ひと風呂浴びて七時には居酒屋を訪ねられます。混み合う時間ではありますが、平日ならどうにでもなるでしょう。
翌日は島原鉄道や松浦鉄道の乗車を楽しむのもよし、昼過ぎまで長崎に滞在してから帰るのもよしです。最後は唐津で居酒屋を訪ねて締め括れるというわけです。ここでも旅名人の九州満喫きっぷが活躍してくれるでしょう。

早朝出勤の辛さや欠点にばかり初めは目が行っていました。しかし終業が早いことによって、このように一日だけの休みでも初日に地方で投宿し居酒屋を訪ねて楽しむことができます。次の活動は平日に長崎へ、というのが最有力です。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!