日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

地区毎に飲み屋街の雰囲気が違い、それも含めて楽しめるのが福岡の居酒屋であることは何度も述べてきましたが、これまで最も縁が薄かったのが春吉です。理由は簡単で、地下鉄空港線の駅から遠く不便だからです。
しかし最近この地区の魅力に気付いてきました。何処も道が狭く、路地裏に個人経営の小さな店が無数に建ち並んでいるのです。実に絵になると共に、惹かれる店が多過ぎて困るくらいです。そんな春吉地区の攻略の第一手として、まずは気軽に入れそうな大衆的な店から攻めることにしました。

DSC05897_20200207151555a73.jpg
ここも細い路地裏にありますが、中はそうとは思えないくらい広いです。完全な立ち飲みの店、とりかわの専門店です。当店の売りは何といっても三十分777円の飲み放題で、自分で注いで飲む方式になっていることです。下手な店員に注がせるより自分で注いだ方が良いわけで、目の前のタワーから好きなだけ自分で生ビールを注いで飲むのは至福のひとときです。
とりかわ以外の小皿もなかなかの充実ぶりで、ケースの中から自分で取り出してきていただきます。こう書くと会計は格安だったと思われそうですが、残念ながら四千円を超えてしまいました。もう三十分追加しただけなので、しこたま飲んだのに酒代は僅か1,554円です。思いの外値段が行ってしまったのは、とりかわが安くないからです。基本の塩、タレ、醤油味はそれぞれ三本で390円。その他に創作料理的な味付けのとりかわが沢山あるのですが、それらは三本480円でした。ではその値段に似合う程の美味かというと、そこそこでしかありません。
しかし自分で注げてこの安さの飲み放題はやはり代え難いものがあります。最初の三十分だけでとりかわを余り沢山食べず、生ビールを四、五杯飲んでさっと次の店へ移る。このような使い方をするなら素晴らしく魅力的な店になるかも知れません。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!