日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

DSC06565.jpg
約四ヶ月振りの残業、翌日が休みとくれば、帰り掛けに居酒屋を訪ねない手はありません。そして久々の都心の居酒屋となれば先ず訪ねるのはここしかないです。昨日はやすの暖簾をくぐりました。

早朝始業、午後三時退勤の功罪については、これまでに度々触れてきました。主な利点としては、交通混雑と無縁の時間帯に通勤できること、休前日の午後が長く使える上に休日でも早起きが苦でないので、活動の充実を図れることなどがあります。欠点としては、時間が噛み合わないが故に機会を逃すことが少なくないことが挙げられます。
たとえば自粛騒動の期間中、旧友や趣味の集まりの方などから何度かインターネット上での会合のお誘いを受けました。ところが、開始時刻が遅過ぎてこれに参加しようという気にどうしてもなれませんでした。午後七時、八時というのは世間一般では遅い時間ではないのでしょうが、既に晩酌を終えて就寝前の静かな時間を過ごしている頃です。仮に参加したとしても、他の皆が飲んでいるのに釣られて遅くまで飲み過ぎて翌日の業務に支障をきたすか、開始早々居眠りをするかだったでしょう。
また、居酒屋の持ち帰り販売を積極的に利用したいと思っても、午後三時過ぎというのは最も中途半端で、星の数程ある飲食店の中から買えたのは僅か四軒のみ、そのうち一軒は一回だけに終わりました。かように世の多数派と時間帯がずれているせいで歯痒い思いをすることもあるのですが、残業の日はこれが一転します。午後五時に退勤、会社が都心の真ん中にあるので、居酒屋を訪ねるのにまさに絶好というわけです。あちこちに格安の駐輪場が充実しているという、福岡市街の好条件も味方になります。翌日にゆっくり自転車を回収すればいいのです。

果たして昨日も開店直後、先客なしという最高の状況でした。居酒屋の口開けというのは本当に贅沢です。が、昨日に限っては喜んでもいられませんでした。今年は山笠の当番町だったので、本来七月一日の昨日は開ける筈ではなかったそうです。そして例年は九日から一週間休みとなるところ、今年は営業するつもりだと。閉めたところでどうしようもないし、やる事もないと言う口調はいかにも寂しそうでした。
その期間、店は閑散とするのでしょうか。それとも本来は山を舁く筈だった男達がやって来て賑わうのでしょうか。後者ならば私がのこのこ訪ねていっては邪魔になるだけでしょう。しかしもし前者ならば、努めて足を運びたいものです。最低でも一回は覗いてみることにします。その間に休前日の残業は一度もないのですが、それはまあそれとして…

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!