日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

前の頁  | ホーム |  次の頁

IMG_3496.jpg
国道204号を東進して中心駅である松浦まで来ました。とくに面白い駅舎ではありませんが、国鉄時代から受け継いでいると思われる白地に黒文字の駅名板は素晴らしいです。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3497.jpg
ちょうど昼時です。松浦の町に入ると、随所でアジフライの聖地の文字を見掛けます。とはいえ小さな町の日曜日、開いている店も少ないでしょう。駅に向かう時に前を通り掛かったこちらの店に飛び込みました。ところがいざ入ってみると、四日前からご主人が入院していて今は定食類の提供は一切なし、ラーメンしか出せないとのことでした。少々残念ではありましたが、気の毒な事情とあらば仕方がないし、そもそもどうしてもアジフライを食べたいとまで思っていたわけではありません。ラーメンをいただければ不足はないです。

IMG_3498.jpg
950円のチャーシュー麺を注文しました。塩気が主体で薄味で、独特の風味を感じる上品なスープが美味です。一体何で出汁を取ったものでしょうか。全体的には褒め称えるような美味とはいえず、食べ応えもやや物足りません。しかし福岡では食べられない個性的な味わいには満足しました。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3499_20231113204914896.jpg
IMG_3500_20231113204915ecf.jpg
IMG_3501.jpg
IMG_3502.jpg
IMG_3503.jpg
さらに東へ移動してきました。舞台を松浦鉄道から筑肥線に移し、次に訪ねるのは肥前長野駅です。木造駅舎が健在です。かなり古い建物です。財産票が見当たらないので調べてみたところ、昭和十年開業となっていました。その時からの駅舎と見て間違いないでしょう。だとすれば築88年です。しっくりくる数字です。木製のラッチが残り、張り出し屋根を支える木造トラス組の柱、これも木製のベンチもあり、何かもが素晴らしいです。
しかしここにきて晴れるとはどういうことか。平戸大橋への分岐点まで舞い戻りたい気分ですが、時既に遅しです。せめて駅舎を順光で撮影できたからよかったものの、これで逆光にでもなろうものなら目も当てられないところでしたorz

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3504.jpg
IMG_3505.jpg
IMG_3506.jpg
進路を北に変え、次に山本駅を訪ねます。筑肥線の非電化区間では利用客の多い主要な駅ですが、古い木造駅舎が残っています。木造トラス組の柱が張り出し屋根を支える古き良き駅舎の造りが秀逸です。財産票には大正元年とあるので、実に築111年ということになります。きれいに保たれていて素晴らしいです。ここは筑肥線と唐津線が並んで走り、あたかも複線かのように見える不思議な区間でもあります。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3507.jpg
IMG_3508_20231113205104b72.jpg
駅巡りの締め括りに虹ノ松原駅を訪ねます。名建築というわけでもないのですが、小柄でちょっと洒落ていて可愛らしい、個性的な駅舎は存在感があります。中に入るとまず目に飛び込んで来たのは時刻表に書かれた天神、博多、空港方面の文字。電化区間に入ったこと、家の近くまで戻って来たことを実感します。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!