日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

活動を予定通り決行、或いは無念の縮小や中止というのはこれまでありましたが、活動変更という表題を掲げたのは初めてです。どういう事かというと、目的地、投宿地は同じでありながら、行程や活動の内容を大幅に変えるというものです。今回は大幅どころか、全く別の活動と化すと言っていいでしょう。そんなことがあり得るのかと思われるかも知れませんが、あるからこうして顛末を綴ろうというのです。

引き続き宿題となっているのが平戸島、生月島を中心とした長崎県北西部の訪問です。そのためには長崎に泊まることが必須、または佐世保に泊まってみるのも一興と言いました。然るに次の土曜日、12月2日に長崎市街の中心部で五千円という宿をおさえることができたのです。まさに願ったりかなったりです。ただし何より大切なのは天気ですが、現時点での長崎の予報は土曜、日曜ともに晴れ時々曇りとなっています。微妙な線ではありますが、前後日の予報が良くないことを考えれば上々と言えるでしょう。ところが愛車で長崎に向かうのを止めることにしたのです。本当に晴れてくれるだろうかと懐疑的であることも事実ですが、直接の理由は絶対にやり直して成功させてやろう、借りを返してやろうという気概が萎えてしまったからですorz
ならば活動中止かというと、さに非ず。折角長崎の市街地のど真ん中に手頃な料金の宿をおさえたのです。これを手放すのは勿体ないです。そこで考えを切り換えることにしました。大好きな長崎の町をぶらっと訪ねようじゃないか、という気楽な構えで行くことにしました。となれば足は鉄道です。ここでは毎度お馴染み、割引率がとても大きく買い得な九州ネット早特きっぷの存在が大きいです。三日前までに買えばリレーかもめ号、かもめ号で博多から長崎までの料金が通常6,050円のところ、実に四割引きの3,600円で買えるのです。長崎まで全て普通列車で行ったとしても運賃が2,880円かかるから、720円出すだけで特急と新幹線で快適にあっという間に長崎に着いてしまうというわけです。

5903.png

ならば毒を食らわば皿まで。今回は復路もこの割引き切符を活用して長崎を日曜の夜に発つことにしました。二日続けて長崎の居酒屋を楽しもうという魂胆です。あとは両日共に昼間の時間をいかに有効に使うかが鍵でしょう。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!