日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム |  次の頁

IMG_3556.jpg
おはようございます。長崎の繁華街のど真ん中で朝を迎えました。昨日から世話になっているのは表題の宿です。実はかなり以前に一度泊まったことがあります。あれは一体何十年前だったか、記憶も殆どありませんが、唯一覚えているのが近くの大手チェーンの弁当屋で九州限定のチキン南蛮弁当を買い、部屋で食べたことです。旅先で居酒屋を訪ねない上に夜に弁当を食べるとは、きっと十代か二十代の前半の出来事だったのでしょう。その頃からずっとある老舗のホテルだということです。

エレベーターがなく階段で四階の部屋まで上がるのにも面食らいましたが、部屋にトイレがないのも驚きました。今時ビジネスホテルのシングル部屋を謳っておきながらこれが特記されていないとは、それはないだろうと思いました。夜中に一回用足しで起きる私にとって、部屋にトイレがあるか否かは大きい問題なのです。
その他の設備の古さも述べるまでもないでしょう。しかしそれさえ呑めば極上の立地で五千円を切る料金で泊まれるとも言えます。思案橋一帯の飲み屋街は目と鼻の先です。再び泊まりたいとは思えないものの、覚えておいて損はない宿です。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3564_202312061722149af.jpg
今日は七時半まで寝てしまいました。活動の朝としては寝坊と言ってもいいくらいです。しかしこれを逆手に取って、予て気になっていた店を訪ねることができます。場所は愛用しているホテルH2のすぐ近く、朝からちゃんぽんや皿うどんが食べられるのが表題の店です。朝からとはいっても八時半開店では遅過ぎて、これまで機会がありませんでした。
まずちゃんぽんと皿うどんどちらを選ぶかです。ちゃんぽんは昨日の昼食べたし、夜に飲んだ後皿うどんを食べたかったのに、三八が満席などで結局食べられず悔しい思いをしたのです。となれば皿うどんしかないのですが、朝には温かい汁物を食べたい気持ちの方が勝りました。ちゃんぽんは850円、特製ちゃんぽんは400円高い1,250円。折角の初訪問なので奮発して特製ちゃんぽんにしました。

IMG_3563.jpg
スープはあっさりした薄味で、朝には好適です。麺は平凡なもの。上に乗る海老や烏賊は美味ですが、炒めの仕事がいま一つで野菜が油っぽく食感も鮮やかさを欠くのが残念でした。このちゃんぽんは再び食べたいと思うものではなかったものの、機会あればこの店は再訪したいです。他にも鰺フライなど様々な料理があり、それとご飯、味噌汁の朝食を食べることができるからです。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3565.jpg
自在に移動できる車の活動に対して大きな制約があります。その中で昨日に続いて昼間の時間をどう使うかが鍵ですが、今回は初めての試みをします。昨日観光案内所を訪ねて三つの仕事があると言いましたが、第三の仕事とはバスの一日乗車券を買うことでした。まずはあじ盛のすぐ近く、中央橋停留所からやって来たバスに飛び乗ることにします。全国に共通することですが、バスの路線網の複雑さ、分かりにくさは鉄道の比ではありません。果たして実のある活動ができるでしょうか。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3566.jpg
IMG_3567.jpg
最初に乗ったのは70系統でした。路面電車を追いかけるように坂を上り、蛍茶屋電停のさらに先まで上っていくのが素晴らしいです。まずは風頭公園を目的地と定めましたが、日曜はこの時間直通する便がありません。少し徒歩も交えてここまでやって来ました。

IMG_3573_202312061726002b2.jpg
IMG_3569.jpg
IMG_3570_2023120617255725b.jpg
IMG_3571_2023120617255835a.jpg
これぞ絶景、これぞ長崎です。市街地と港を眼下に一望します。標高の高さ、眺めの雄大さでは稲佐山に及びませんが、こちらは住宅地の只中というところに風情があります。山の上、急斜面にまで住宅が広がる長崎ならではの個性的な景色を併せて楽しめます。
その稲佐山を正面に見るのも印象的。立派な龍馬像も建ちます。ただそれだけに曇り空が残念です。予報は晴れになっているのにどんより暗い曇り空。活動二日目の日曜が二度続けてこんな事になるとは。最初の予定通りに愛車で平戸、生月を訪ねる活動にしていたら辟易していたでしょう。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




IMG_3574_20231206172601722.jpg
風頭から今度は50系統に乗って市街地へ下ります。これが素晴らしいものでした。急勾配、急曲線、狭路と三拍子揃った道を路線バスが走る。これだけでも興奮必至ですが、その只中に停留所があり、左右は道端ぎりぎりまで住宅が建ち並んでいるのです。圧巻は180度のつづら折りで、対向車にかなり手前で待ってもらい、反対車線を完全に塞がなければ曲がれないのです。それだけに下り坂、またAT車だったのも残念でした。これは反対方向にも乗らないわけにはいきません。
長崎駅前まで来たところで下車すると、すぐ続行していたのが稲佐山公園行という出来過ぎた展開でした。その5系統も同様に、急勾配急曲線狭路を路線バスが走ります。しかも車窓は長崎の町と港を見下ろす絶景です。

長崎の路線バスへの乗車、かくも面白い活動をこれまで見過ごしてきたとは愚かでした。しかも一日乗車券は500円という安さです。引き続き堪能します。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!