日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

DSC03761.jpg
以前にまったく同じような記事を書いた記憶があるのだが、まあ気にすんな(^^;
生活クラブ生協でいつも絹豆腐をとっているのだが、普通の絹豆腐とはまた別に柚入り絹豆腐というやつが素晴らしく美味くて、二週間に一度これが来るのが楽しみで仕方ない。普通の絹豆腐の場合葱に鰹節、生姜、醤油を用意して食べるのだが、この柚入り絹豆腐は何も要らない。普通の絹豆腐も本当に美味いので半分くらいは生のまま食べてしまうのだが、この柚入り絹豆腐は最初から最後まで薬味や調味料の類は一切要らない。要らないというか、かけることは考えられない。そのくらい美味い。

絹豆腐は常温で食べるのが好きなのでいつも早々に冷蔵庫から出しておくのだが、この柚入り絹豆腐はちょいと面倒だ。何故なら「ちょっと冷えている」状態で食べるのが好きだからだ。
温度にこだわりたい食べ物と、余り気にならない食べ物が人それぞれあると思う。たとえば私は、意外に思われるかも知れないが鰹の刺身などは冷えていても常温でも、別にどっちでもいいじゃんという感じで同じように美味しく食べられる。だがこの柚入り絹豆腐は「ビールよりも高い温度で、しかしある程度はっきり冷たさを感じる温度」で食べないと気が済まない。
食べる直前に冷蔵庫から出してしまってはビールと同じ温度になってしまう。早く出し過ぎると常温に近くなってしまう。大豆の香りと柚の香りそれぞれが立つバランスが温度によって変化してゆく。測ったわけではないが、おそらく12~13度くらいが一番美味いのだと思う。
その日の気温など考えながら食べる何分前に冷蔵庫から出すのがよいか…そんな事を考えながら夕餉の準備をするのもまた楽しいものだ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuda61.blog137.fc2.com/tb.php/2519-693745ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック