無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


ちょっと北海道行ってくる 

途中半日や早上がりなどもあったものの、暮れも正月もなく12月の下旬から二週間の連勤、さらに一日の休みを挟んで七連勤と、働きづめに働いた褒美を受け取る時が遂にやって来た。
そしてこれまでの旅の中でも特に鮮烈な感動を覚えた厳寒期の北海道を再訪するという、二年越しの宿願を果たせることとなった。
活動の概要としてはまず今夜の北斗星で北海道へ。それから「北海道フリーパス」を利用して全道を一通り周るという、久々の大型活動である。乗り放題の切符を使って毎日ひたすら列車に乗ってひたすら移動するという内容は二年前の前回と全く一緒であり、目新しさは無いかも知れない。また、今回の活動の真髄は厳寒期の北海道の美しい車窓や酷寒の自然の厳しさを肌で感じ、現地での真冬の生活そのものに触れるところにあるので、ブログとしての見栄えはややもすると他の活動に劣る可能性もある。そこはご了承いただきたい。

凍結した湖の上を悠然と歩くエゾジカの親子連れや、見渡す限りの雪原が夕日に紅く染まる様、先頭車両が巻き上げる粉雪が霧のように視界を覆い、それが太陽の光を反射して宝石のようにキラキラ輝くなどの美しい景色の数々、そして三分と屋外にいられなかった酷寒の宗谷岬などは今でも克明に記憶に残っている。だが前回の活動でそれ以上に印象に残ったのは、私の生まれ育った関東とは正反対に、家屋や町並みの造りなどその生活の全てを冬を基準にしているという北海道の暮らしぶりであり文化だった。
それまでにも夏場には北海道に何十回と足を運んできたが、真冬に訪ねて漸くその事を理解出来た気がした。「家のつくりやうは、夏をむねとすべし」という言葉があるが、北海道では「すべては冬をむねとすべし」なのだ。
旅とはとどのつまり自分が生まれ育った以外の土地の生活や文化を訪ね歩くことである。飛び切りの美しい景色を添えつつ、今回も冬の北海道というものをよくよく勉強してきたいと思う。

さあ、まずは上野へ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 15年1月/北海道

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

Re: タイトルなし

トミーさん>

真冬の北海道へ行く機会はなかなか得られないので何よりも優先事項となります。所詮は旅人目線でしかないので越冬生活の参考になるとも思えませんが拙文にお付き合いいただければ幸いです。

くだ #- | URL
2015/01/18 12:26 | 編集

くださんこんにちは、正月出勤の代休は多分オタ活に費やされると思っていたのですが(爆)まさかの北海道探訪キター!って感じですね。
僕は今年は北海道で越冬することがほぼ確定しているので真冬の北海道の様子を是非ともくださんのブログで拝見できればと思います。

トミー #- | URL
2015/01/13 19:30 | 編集

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuda61.blog137.fc2.com/tb.php/2679-220765a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP