日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

普段まったく食べつけない物を、突然無性に食べたくなる。こんな経験があるだろうか。私は、ごく稀にある。
先日、どういうわけかどうしてもキムチが食べたくなった。普段食べる習慣はまったく無い。こういう謎の衝動が湧き上がる時、大抵は「漫画を読んでいたらその中でキムチを食べる場面があり、見ていたら食べたくなった」というような下らない原因があるものだが、この時はそれも無かった。何故キムチが食べたくなったのか、心当たりがまるで思い浮かばないのだ。

DSC07241.jpg
ともかく帰り掛けにキムチを買っていくことにした。キムチが食べたいという衝動が湧き上がると同時に頭に浮かんだのが鍋だった。単にキムチがあればいいというのではなく、キムチ鍋がとにかく食べたい。具材はまず白菜と豆腐。この二つが思い浮かんだので、キムチの辛味がしっかり染みたこれらさえ食べられれば十分だが、あとは鶏肉などあってもいいだろう。先ず求めたのは出来合いの鍋だった。アルミ箔の鍋に幾つかの具が詰め込まれ、一人分の分量で売られていて簡単に食べられるやつだ。だがこの季節である。近所のスーパーは大きくて品揃えも文句なしなのだが、冬場にはあれだけ売り場を賑わせているのに一つも置かれていなかった。
単にキムチをつまんでアテにするのではなく、辛味や酸味を効果的に受け止めるものと一緒に食べたかった。そこで次善の策としてうどんを買った。うどんもまた、自宅で食べる習慣はまったく無い。

DSC07242.jpg
その結果がこれだ。茹でたうどんを冷水で締め、キムチを乗せただけ。出汁も薬味もなし。こんなもの、料理とも呼べない雑なものだ。だがこの日はよく出来たキムチうどんを食べたかったわけではない。キムチを効果的に味わえるものをとにかく何でもいいから食べたかったのだ。
それにしても、どうしてここまでキムチが食べたくなったのか、未だに謎である。そしてこういう唐突な食への衝動というのは、根拠がない時ほど盲目的で激しいのである。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuda61.blog137.fc2.com/tb.php/3563-08b6a667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック