日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

普段食べる習慣が全くないものを、理由も伏線もなく唐突に、無性に食べたくなる。そうして衝動に駆られるようにしてキムチを買って食べた。以前の記事でこんな報告をしたのだが、またも同じような衝動が湧き起こった。
今度はパンにたっぷりのレタスとハムまたはベーコンを挟んだものが食べたくなった。私は朝食はほぼ毎日自炊だが、必ず和食なのでパンを食べることが全くない。だからまずパンから買わなければならなかった。食パンなど何処にでも売られているが、問題はレタスだ。レタスはとても足が早いから、その晩のうちに食べ切れる量、即ち半個などで売られているものがなければ駄目だ。自宅近くのスーパーに立ち寄ったところ、上手いこと半個のレタスが、それも半額で売られていた。これは良い流れだが、レタスよりもさらに難しい問題があった。パンにレタスとハムを挟んだなら、そこには西洋辛子を塗りたい。これは絶対に「マイユ」の粒入りマスタードでなければならないのだ。ところがマイユのマスタードは取り扱っているところが少なく、店頭に置かれていなくても不思議ではない。もしマイユのマスタードが手に入らなければ、憧憬の「レタスハム挟みパン」は諦めなければならなかった。だがこれも首尾よく手に入った。

かくして食パン、レタス、ハム、マスタードと普段全く食べない食材を四つも買って上機嫌で帰宅した。
パンはトースターで焼き、まずマスタードをたっぷりと塗る。そこにたっぷりのレタスを挟む。並行してハムをフライパンで熱する。焼くという程ではなく、固くならない程度に軽く火を通して香りを立たせるのだ。これを乗せて、レタスがこぼれないようにしっかりとパンを二つに折って食べる。この二つに折るというのが肝要だと私は思っている。こうすることによって、一方の側は固い耳の部分をばりばりとかじる食感、もう一方の側は柔らかく歯を受け止めてくれる食感が味わえる。
市販のハンバーガーの大きな欠点に、円形であるが故にどこを食べても同じで、食感や味わいに抑揚が無いことがある。またコンビニなどで売られているサンドイッチはパンが不自然に柔らか過ぎて不味い。自宅でトーストを二つ折りにして食べると、これらの問題が一挙に解決されるのだ。
レタスとハムはその場で食べ切った。食パンは冷凍してしまえば長く保存出来る。問題はまだ沢山残っているマスタードだ。これはまた近いうちに同じものを食べるか、ソーセージを茹でて食べることになりそうだ。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuda61.blog137.fc2.com/tb.php/3570-227c0e32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック