日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

DSC07367.jpg
学生時代は散々世話になった「わせべん」こと早稲田の弁当屋、ちょうど昼時に車で近くを通りかかったので、久し振りに立ち寄ってみた。一体何年ぶりになるのか、もしかしたら十年以上間が空いているかも知れない。
今でも「まえめん」とか「まえまる」と言って通じるのだろうか、などと考えつつ近付くと、三人の先客が弁当の出来上がりを待っていた。若干の緊張感を抱きつつ奥を覗き込んで「まえめん!」と元気良く伝えると、何処の国の人だか分からないが少なくとも日本人ではない女性の店員がたどたどしい言葉で「マエメンタイデスカー?」と聞き返してきた。そうですお願いしますと伝えた。正式な名称は「前抜き明太海苔弁当」である。それを「まえめんたい」とまで略すのだから「まえめん」でもいいではないか、と思ったが、ともかく「まえめん」は通じるものの一応確認する、という微妙なところだと分かった。

DSC07368.jpg
ご飯の盛りが多くて蓋が浮いているのが頼もしい。それにしても、きんぴらと漬け物を無くして代わりに全て揚げ物だけにするというのは今思えば恐ろしい発想である。今となっては自分はこれを欲していないということに気付いたが、この店では何故だか前抜きにしなければいけないという刷り込みがあるのだ(笑)

さて今回、興味深い変化を見付けた。先客のタクシー運転手氏が「なすからのマシマシ」なるものを注文していたのだ。これは一体何であるのかと品書きをよく見てみると、50円なり100円を足すと唐揚げやその他色々なおかずを増量出来るらしいのだ。彼は茄子と唐揚げを両方とも増量していたのだ。
無料か有料かの違いはあるものの、その発想や呼び方からしてラーメン二郎の真似をしたのだろう。問題は、私の学生時代の二十年前にはこんな制度は無かったということだ。もし当時からこれがあれば、店もより儲かるし食べる側も嬉しいしまさに両得だったのだが、もっと早くこの事に気付いてくれなかったことが惜しまれる。
予定では、来週も高田馬場から新宿へ車で移動する間に昼食を食べるという絶好の機会がある。今度はなすからかマーボーだな。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kuda61.blog137.fc2.com/tb.php/3591-935ecd15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック