無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


京都における交通の問題点 

1451.png

久し振りに京都を訪ねて気付いたことの一つに、京都の道は危ないというのがあった。洛中の道は大通りから一本入ると一様に狭い。とても狭い。問題は、京都が現代の大都市であるということだ。長閑な漁村と違って道が狭いのに交通量が多いのだ。それも、現代の大都市であるからにはトラックや商用車などの業務車両が多い。業務車が多いということは当然路上駐車も多い。
これに加えて京都の市街地は自転車が多い。以前、京都に住んでいる知人に、道が混んでいて車で走りづらいのと坂が無いから京都は自転車が多いのだと聞かされた。実に納得のいく帰結である。

DSC07528.jpg
昔からの細い道の両側に様々な店舗などが点在している。その前に車が駐車する。それをよけて歩行者が歩く。その歩行者をさらによけて自転車が走り回る。その後から車がどんどんやって来る…僅か二日弱の滞在だったが、その間にずっとこの光景を見続けてきた。そしてよく事故が起きないものだと思った。いや重大でない事故なら頻繁に起きているに違いない。何か対策はないのだろうかと考えもした。

しかしここで私が何か言うまでもなく、京都の人にとっては予て懸案なのだろう。つまるところ「対策はとりようがない、仕方ない」というのが現実だ。
まず、洛中の古い町並みを整理して道路を広げるなど、そんな事が出来るわけがない。となれば車の進入を制限するしかないのだろうが、この通り現代の大都市である京都でそれをやろうとすると、様々な産業が成り立たなくなってしまう。自転車も然りである。細い小路への車の進入を登録・許可制にするとか、自転車の通行を時間によって制限するとか、そんなものは現実味のない素人考えなのだろうか。だからこそ問題が何も解決されていないままなのだろうが…
前述の、京都の人が雨が降っても傘を差さない理由の一つがこの道の狭さ、歩きにくさではないかというのが一つの仮説である。的を射ているのがどうか分からないが、実際にこのような道を歩いてみて、後ろから次々とやって来る自転車や車が気になって手ぶらであっても人と擦れ違うのが大変だというのに、傘など差している場合ではないと感じたのは確かだ。次に京都へ行く機会があったらさらに真相に迫ってみたいと思う。





にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 日常

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

Re: 細い道

siroutoさん>

確かに、不要不急の車は無闇に大通り以外を走るべきではないと感じました。徒歩においては、まさに観光のために歩いていると道の狭さに不便や危険を感じるというのが実態です。

くだ #- | URL
2016/12/22 19:04 | 編集

細い道

京都では、レンタカーで走るのですが、 もっぱら大通りだけ。
裏に入ると細い道で一方通行が多くて、難儀です。
以前、裏通りに入って大変だったことがあって、それ以来、京都は
大通りの町と思っています。
要は よそ者は おとなしく観光していなさいという町 です。
京都の裏道についての記事を初めて見たので、ちょっと書きたくなって。

sirouto #VQLsZ0yQ | URL
2016/12/21 09:23 | 編集

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuda61.blog137.fc2.com/tb.php/3711-66dba57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP