日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

DSC05609.jpg
昨日は休みだったので、昼に近所のうどん屋の開拓を進めると決めていました。訪ねたのがこちらの店です。明治通り沿い、唐人町駅も目の前という好立地です。この外見を初めて見た人なら、誰もが店名は何かと思うでしょう。しかしこれ以外に一切の文字はありません。天ぷらうどんという店名なのです。

先に訪ねたまる謙うどんで肉うどんが美味だったことや、先日社食で肉うどんが出たことなどから、福岡では肉うどんが好んで食べられていることを知りました。そこでここでも肉うどんを注文することにしました。肉うどんは700円、ごぼ天うどんは550円。肉うどんにごぼ天を加えると850円ですが、食券機の真ん中におすすめの文字と共に肉ごぼう玉子うどん850円というのがありました。個別に注文するのと同じ値段で玉子が付くという寸法です。折角なのでこれにしました。

DSC05610.jpg
実は数年前にこの店を一度訪ねたことがあります。その時は出汁に化学調味料を使い過ぎていて、全く良い印象ではありませんでした。しかしこれが大いに改良されていました。そしてタイやベトナムなどアジアの料理で好まれるような香辛料の香りが漂います。これは好みが分かれそうですが、程度が微かなのでくどさはないし、私は好きです。
うどんも変化していました。以前はいかにも福岡のうどんらしいコシがまったくないものでしたが、少しコシがあるものになっていました。卓上に置いてあるキムチを自由に取ることができるのが特徴ですが、このキムチが非常に辛いです。無闇に辛いキムチは元来感心しませんが、この店ならではの食べ方に気付きました。玉子の黄身を割るのと同時にこの激辛キムチを投入すると、肉の甘味、卵黄のまろやかさ、キムチの辛さの三つの要素が渾然一体となって美味なのです。

値段の安さやごぼ天の美味さなど、総合点ではまる謙うどんの完勝です。しかしこの肉玉子キムチうどんはくせになる味です。忘れた頃にまた訪ねることにしましょう。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




コメント
この記事へのコメント
てるさん>

四年程前に一度食べた時と大きく味が変わっていたので驚きました。
豆藤についての追加情報、わざわざありがとうございます。あくまで酒が主役の居酒屋を求める私には攻略の難しい店に思えますが、中を覗いてみないことには何も始まらないので、一度は足を運んでみたいと思います。
2019/12/22(日) 17:34 | URL | くだ #-[ 編集]
天ぷらうどん行ってこられたんですね!
先週自分も行ってきたところです。
出汁、麺の変化は鈍感な自分は気付きませんでしたし、
香草の風味も風邪ひいてたので気のせいかと思ってました。笑
昼食軽め主義のくださんには多いかもしれませんが、かしわおにぎりも旨いですよ。
豆藤はざる豆腐、厚揚げ、豆汁等絶品ですが、
あくまでちょい呑みはサブの位置付けです。
全席カウンターなので1人呑みは全く問題ないのですが、ヘルシー志向の女性客が多いし、酒の種類が豊富とかでは無いので、そのつもりで行かれて下さい。
2019/12/21(土) 15:59 | URL | てる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する