日本一周後の福岡での日常、居酒屋探訪記などを綴ります。

 | ホーム | 

仕事帰りに博多駅へ足を運び、明日使うよかよかきっぷを購入してきました。小倉まで往復するのに在来線を使うと2,620円。これに480円足すだけで新幹線で往復できるのだから、これを使わない手はありません。しかしこの割引切符、実に不可解な商品だと感じます。

DSC08971.jpg
説明書きを読むと「JR九州の駅では発売しておりません。」と明記されています。しかし博多駅と小倉駅でこの切符を買うことができます。似たような例は他にもあって、たとえばみんなの九州きっぷはJR九州全線が乗り放題と謳われていますが、新幹線の博多~小倉間には乗車できません。一方で、関門海峡を越えて下関駅までが有効範囲になっています。

山陽新幹線の博多~小倉間はJR西日本であってJR九州ではない。
JR西日本とJR九州の境界は下関駅であり、下関駅までがJR九州である。
こう説明されれば誰しも納得するでしょう。しかしこれらの事情を全て呑み込んでいる私のような鉄道趣味人はともかくとして、一般の人に対して余りに説明不足、不親切です。特に「JR九州の駅では発売しておりません。」の文言に至っては、誤記であると批判されてもおかしくありません。
博多駅と小倉駅はJR西日本とJR九州の両方の機能を有しています。この切符を発売する側からすれば、博多駅と小倉駅はJR西日本の駅であり、誤記でないと主張するでしょう。しかし事情に詳しくない多くの人の感覚と乖離していると言わざるを得ません。切符の内容は良心的で有用だというのに、本気で売る気があるのだろうかと疑いたくなります。勿体ない話です。

にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する