無為是人生

旅、居酒屋、プロ野球の応援、ラーメン二郎…好きなものを気ままに綴るブログです


居酒屋探訪(其の十九) ~高田馬場 鳥やす支店~ 

学生時代を早稲田で過ごした私にとって、この「鳥やす支店」は定番中の定番、居酒屋の代名詞的な存在だ。心のふるさと、我らが何とやらである。

確かに安かろう悪かろう的なところも散見されるが、その価格と量、これぞ大衆酒場という砕けた雰囲気に惹かれ、今でも定期的に足を運んでいる。高田馬場を通る機会があれば「折角だから鳥やすへ…」といった具合である。
それにしても、何という単純明快な屋号。こんなに好感の持てる店名も稀だ(笑)

IMGP0122.jpg
賑やかな早稲田通り沿いに店を構える。この建物、一見安普請に見えるが、提灯に屋根が付いているところなど、昔ながらの居酒屋の気風があって実は贅沢なのだ。

IMGP0123.jpg
お通しはおろしに鶉の玉子。私が初めて訪れた十数年前から、一度も変わらずこのままだ。他ではなかなか見られないものだ。

IMGP0125.jpg
この店で一番人気のモツ煮。大ぶりなモツがとにかくたっぷりで、味も素晴らしい。この味とこの量で300円というのは、本当に嬉しくなってしまう。
焼き鳥も一本70~150円という価格で、しかもどのネタもかなり大ぶりだ。格安の焼鳥屋の中には、ネタがちょっと悲しいくらい小ぶりな店も見かけるが、ここはそんなしみったれたことはない。
そして、酒のアテもいいのだが、500円の焼鳥丼と親子丼が絶品である。味も量も文句なし。締めにはちょっと重た過ぎるので、いつも横目で羨ましく眺めつつも、ここ最近は結局食べられずじまいなのが悔しい…

IMGP0126.jpg
壁にずらりと張り出された筆書きの品書き。この雰囲気がいい。

IMGP0127.jpg
この店の名物焼鳥、珍味「ほうでん」。これぞ珍宝、という謳いが上手い!どこの部位か、分かりますね。
余談だが、春ともなるとサークルの飲みでこの店を訪れ、一年生の女の子にこのほうでんを食べさせるわけですね。
「これって、何ですか?」
(ニヤニヤしながら)「何だと思う?」
こんなやり取りをしながら、その子の経験値が何となく分かってしまうのである。学生時代の良き一幕かな。




鳥やす 支店
03-3209-9987
東京都新宿区高田馬場2-14-4
11:00~14:00/17:00~24:00
ネットで見ると日曜休みになっているが、日曜いつ行っても開いている…(?)






にほんブログ村 酒ブログ 居酒屋へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


  ↑ ↑ ↑
ランキングに参加しています。ぜひ三つのバナーをそれぞれクリックして下さい。よろしくお願いします!(^o^)




カテゴリ: 居酒屋探訪

[edit]

PAGE TOP

この記事に対するコメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://kuda61.blog137.fc2.com/tb.php/61-29c0ad94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP